デザイン専門学校口コミ記事まとめ

(読了時間:35分43秒)
デザイン専門学校 彫金メーキングコース卒業生の体験談・口コミ

デザイン専門学校を目指した理由

将来、自分でアクセサリーショップを持ちたいと考えましたので、デザインから実作まで幅広く勉強できる彫金専門学校を志望しました。

もともとハンドメイドをやっていたこともあり、もっと専門的に学びたいとの思いもありました。

デザイン専門学校で学んだこと・役に立っていること

今はジュエリーショップで働きながら、自分でもハンドメイドイベントへ出展しています。

作るだけでなく、販売の流れや商品を扱う上での知識が多いため、お客様に信頼していただけるのが嬉しいです。

また、基礎だけでなく職人志望の方にはサイズ直しを直接職人から学べたり、夏休み中のゼミでも伝統技法に触れたりすることができるため、作品の幅が広がります。

デザイン専門学校の雰囲気

学生は現役生が多いです。

ただ、コースによっては社会人経験を経て来られた方も多いようです。

比率としては女性のほうがやや多いイメージ。

特に現役生でない場合には女性が多いと思います。

学生の雰囲気は、人数が多くないためかグループをつくるというよりかはみんなで仲がよいイメージです。

アクセサリーをつくるといったことからも、個人的には自己をしっかりと持っている人が圧倒的。性格的には意外と社交的な人もいて、おとなしい人とも仲良くしています。

デザイン専門学校で楽しかったところ

学園祭があるので、毎年出展して販売するのが楽しかったです。

今では仕事が忙しく出展できていないのですが、卒業しても希望して選考に通れば出展できるため、いろんな年代のクリエイターの先輩と知り合えるのも刺激となりました。

また、一年に一度課外研修があるなど、学校以外でも学べる機会が多いことも楽しかったです。

デザイン専門学校でつらかったところ・大変だったところ

課題が多いため、一日でも休めば期限に追われるのはしんどかったです。

特に就活中は休むのが必然となるため、課題に追われて大変でした。

教室開放といって、休みの日に教室を開けてくれるため、その日に巻き返しを行なっていました。

デザインの日数はより少なく、教室開放はメーキングを行う生徒が大半なので、休んだ日は先生を捕まえないとレンダリングのコツやデザイン画の注意点などがわからなくなります。

デザイン専門学校の卒業後の就職先・進路

周りは職人志望がおおく、実際に大手から山梨の小さな工房まで就職していました。

土地や収入など、限定しなければ職人としての就職先は多いです。

ただ、都市圏や給料など譲れないものが増えた場合、販売職に就く子が多かったです。

残念ながらデザイナーとしては、志望数に対して求人が少ないため、まずは営業として入る方もいました。

デザイン専門学校卒業後の所感・メッセージ

良かったところは自身でブランドをもっている先生から、直接アドバイスを受けることができたり、海外の有名なアーティストの講演が聞けたりする希少な機会に恵まれたことです。

いまいちだったのは、職員の体制が整っていないため、情報共有ができていなかったりした点です。

しかし、休まない、課題をしっかり出すなど基本的なことに加え、自分で何かを生み出したいという意欲があれば、力を貸してくれる先生は多いと思います。

デザイン専門学校 グラフィックデザイン科卒業生の体験談・口コミ

デザイン専門学校を目指した理由

絵を描くことや、みることが好きだったため、デザインやイラストを学びたく、デザイン系の専門学校でグラフィックデザイン科を目指しました。

専門学校に通っている年上の人や、知り合いがいなかったため、自分で本や、学校見学に行って本当に行きたいか自分自身で確かめました。

デザイン専門学校で学んだこと・役に立っていること

本や、CD、チラシやポスターといった毎日見ないことがないデザインの世界は、身近な存在であり、学校に通ったことによって見る視点も変わったと思います。

また偏った考え方がなくなり、絶対にこれという固定観念がデザインというものはないので、自由に表現することや、興味を持ったことを自分で研究したり足を運んだりと行動的になりました。

デザイン専門学校の雰囲気

高校を卒業して、すぐに専門学校へ入学される方もいれば、お仕事をしながらの年上の方や、他の専門学校で経験してから新たに入学されている人もいます。

年齢もさまざまですので、アイデアなども参考にしたり、男女半々でしたが高校生というノリではなく、物を作る環境が多いためチームワークが高かったです。

デザイン専門学校で楽しかったところ

男女、年齢問わずとても仲のいい人たちが多く、わからないところや、一緒に制作をする際も協力しあい、またあまり接しなかった人とも仲良くなれました。

互いに制作物を素直に評価し合うことで、相手のいいところを参考にしたりと、素直な生徒が多かったです。

学校の勉強を学ぶことと、人と人との環境もとても良かったと思います。

デザイン専門学校でつらかったところ・大変だったところ

1教科ごとに課題が多く、デザインといえども、パッケージデザインなど全般的な教科があります。

授業当日に課題が出て、大型文具店にて材料を買い、翌日には作品をつくって提出やプレゼンテーションをするといったこともありました。

毎日出る課題に対して、後回しにしないようにすることが大変でした。

デザイン専門学校の卒業後の就職先・進路

現在は個人事業で、グラフィックデザイン、イラストの仕事をしています。

周囲は、専門学校を卒業しても全く違う職業に就く人が多く、一緒に卒業した友人たちの中で、唯一デザイナーになっているのは、私と友人1人でした。

他の仕事に就職しても、デザイナーに戻る人もいます。

専門学校を卒業したからといってもプロではなく、卵です。

ある程度の基礎を学んだだけですので、デザイン事務所などへ就職し、更に下積みになりますが、ここで耐え忍ぶことでプロになれるのです。

デザイン専門学校卒業後の所感・メッセージ

絶対にデザイナー、イラストレーターになりたいと思い、自分が10年後、デザイナーとして仕事をしているイメージができれば、専門学校に行った方がいいと思います。

格好いいという理由だけでは、専門職にはなれません。

自分が楽しめそう、学校で学んで頑張れる!といった気合いも必要です。

専門学校は、課題をこなしていかないと溜まってしまい、結局ダラダラと授業に来なかったりと続いた人が、結構多くやめて行きました。

ほとんどが未経験の人たちが学びますので、わからないことはどんどん質問をしたり、恥ずかしがらずに頑張っただけ評価があがります。

デザイン専門学校 メイクアップアート科卒業生の体験談・口コミ

デザイン専門学校を目指した理由

メイク・ネイルを主に学びたかったのですが、他にも色々なジャンルの専門特化にしている人たちとの交流が欲しかったので総合デザイン専門学校を目指しました。

オープンキャンパスに何度か通い、学科担当の先生や同学年の人との関係を入学前に築けたため人見知りをする自分でも安心して馴染めたからです。

デザイン専門学校で学んだこと・役に立っていること

メイク・ヘア・ネイルなど美容の基礎をそれぞれ触りある程度ならできるようになり、簡単なヘアアレンジで友人にヘアアレンジを頼まれることもあります。

服飾科・デジタルアート科などと関わることが多かったため、フォトショップやデジタル一眼レフなどの利用・触りなど基礎を学べ日常生活に活かすことができました。

デザイン専門学校の雰囲気

女子100%でした。

私が入学した専門学校のメイクアップアート科は少人数制だったため2年生5人、1年生7人でした。

学生の性格は大人数でワイワイすることや派閥で分かれることもなく皆仲良しでよく遊びにいくことなどが多く楽しく過ごすことできました。

意識としては、2年制の専門学校のため1年の後半から就職活動を始めました。

皆各業界でのプロを目指しているので意識は高い状態でした。

デザイン専門学校で楽しかったところ

一番楽しかったのは、卒業制作の3学科合同ファッションショーです。

ファッション科の生徒が作った服を自分たちで調達したモデルに着せ、そのモデルのメイク・ヘアをメイクアップアート科が行い、ショーのポスター・チケット・ポストカードなどのデザインをプロダクトデザイン科が行いました。

デザイン専門学校でつらかったところ・大変だったところ

夏休みの課題・毎日の宿題、メイクモデル・ネイルモデルの調達です。

やはり、国家資格の取れる美容専門学校とは違い、3年から4年かけて学ぶことなどを2年に押し込むので結構キツキツでした。

それでも達成感や目標があるからこそ頑張れたんだなと今では思います。

デザイン専門学校の卒業後の就職先・進路

ネイリスト、BA(デパートなどでのコスメの販売員)と美容系にいく人がやはり多いですが、不動産の営業事務など他の業界にいく人もいました。

私も卒業してからずっとネイリストとして働いています。

好きだからこそ続けていけること、仕事を嫌いになることは全くないです。

デザイン専門学校卒業後の所感・メッセージ

学費が結構かかるので、ご両親の理解や奨学金制度などをうまく利用することをお勧めします。

学びたい!プロになりたい!などの目標とそれを実現できるように日々行う努力がとても大切です。

何と無く好きだからで入ってやめた子も知っています。

まずは自分の心に一度問いかけて見直して見ることもいいと思います。

よかったところはインテリアデザイン・プロダクトデザインなどさまざまな学科があるところだったので簡単にコラボができて打ち合わせなどの体験ができることです。

社会人になってから外部との連絡の取り方の勉強になりました。

いまいちだったところは、これ!と言ってないですが周りの4大へ行ったことの連絡が取りづらくなる、課題の提出などが多くてあっという間の学生時代になるくらいです。

デザイン専門学校 クリエイティブデザイン科卒業生の体験談・口コミ

デザイン専門学校を目指した理由

これがやりたいという特定の物がなくこれから探そうとしていた所だったので、色んな物作りを学びたかったので、イラストや写真、物作りなどさまざまなことを学べるデザイン学校のクリエイティブデザイン科を目指しました。

デザイン専門学校で学んだこと・役に立っていること

イラストレーターやフォトショップなどのパソコン業務、デッサンやイラストや美術技術などのデザイン、彫金やガラス細工などの物作りなどさまざまなことを学びました。

今、フリーで編み物講師やワークショップ、クリエーターをやっているのですが、色んなことを学んだおかげでパソコンで図案や名刺を作成したり、色んな素材を組み合わせて物作りをできています。

デザイン専門学校の雰囲気

創造して製作することが多かったので比較的頑固な性格の人が多かったです。

女子の方が生徒数が多く、7:3位の割合でした。

最後までやりきる性格の人が多く、学校に泊まって作業をする人もいました。

それについていけない人は辞めていきました。

デザイン専門学校で楽しかったところ

今まで習ったことのないことをたくさん学べたところです。

大人になってから学ぼうと思ってもお金がすごくかかったり、時間もいったり、学べる所が少なかったりするので、学生のうちにたくさん学べて良かったと感じています。"

デザイン専門学校でつらかったところ・大変だったところ

"学校の説明会やパンフレットには初心者でも大丈夫とは書かれていたのですが、実際に入ってみるとすでにスキルのある人が多く初心者向けの授業ではなくついていけない授業もありました。

得意じゃない授業はしんどかったです。

デザイン専門学校の卒業後の就職先・進路

デザイン会社に就職できた人は一握りで販売にいく人が多かったです。

私自身もサービス業に就職しましたがまた作りたいと思い、現在は辞めてフリーで編み物講師やワークショップ、百貨店でのイベントなどに参加しています。

デザイン専門学校卒業後の所感・メッセージ

色んなことを学べて、色んな知識を得ることができ、物作りの際には役立っていますがどれも基本を学ぶだけだったので専門的なことまでは学べなかったです。

学ぶことは楽しかったが仕事に繋げていく方法などは教えてもらえなかったです。

デザイン専門学校 グラフィックデザイン科卒業生の体験談・口コミ

デザイン専門学校を目指した理由

小さな時から何かを制作や想像をすることが好きで、その時何が一番学びたいかと考えた時にデザインを学びたいと思いました。

また将来的にもデザイナーという仕事を目指したいと思ったため、デザイン専門学校グラフィックデザイン科を目指しました。

デザイン専門学校で学んだこと・役に立っていること

今でも役に立っていることは、常に創造的な仕事をするということです。

現在の仕事はデザインとは少し離れたところにいますが、デザイン専門学校で学んだ創造的な思考というのは、どの仕事でも使えますし、新たなものを生み出すということにつなげることができます。

デザイン専門学校の雰囲気

雰囲気としては、皆が和気あいあいとスクールライフを送っていました。

専門学校ですので、高卒がほとんどです。

言ってしまえば、高校の延長のような感じでした。

また、デザイン専門学校ですので、性格はオープンな人が多く、すぐに打ち解けました。男女比は4:6くらいです。

デザイン専門学校で楽しかったところ

実践して物事を学べるという楽しみがありました。

デザインというのはすでにある素材を使ってデザインをするものもあれば、素材を一から手作りして作成するものもあります。

一から手作りする場合は、東急ハンズなどに行き、素材を揃えたり、自分で写真を撮ったりするので、大変ではありましたが、楽しい思い出でした。

デザイン専門学校でつらかったところ・大変だったところ

つらかったことや大変だったことは、周囲とのレベルの差がだんだんと出てくるところです。

デザインというのは生まれ持った才能が大きいとは思いますが、デザイン専門学校で作品を作っていくとクラスメートと比較して、自分の作品を見ると劣等感が出てしまったところです。

デザイン専門学校の卒業後の就職先・進路

卒業後の就職先はデザイン事務所や印刷会社がメインとなります。

デザイン事務所であれば、学校の非常勤講師が経営している事務所にそのまま引き抜かれていく人もいました。

自分は印刷会社に就職し、デザイン業務をやったり、印刷現場のとりまとめなどを行いました。

デザイン専門学校卒業後の所感・メッセージ

卒業して思ったことは、専門学校は2年間という短い期間ですので、もう少し勉強する時間を集中して持てば良かったと思っています。

カリキュラム通りに進めていけば、それなりに力はつきますが、自主的に勉強する時間が大切だと思いました。

これから専門学校に進学しようと考えている高校生の方は、専門学校の2年はあっという間で高校生活より短いですので、その短い期間でどれだけ成長できるかがポイントとなります。

自分の将来を見据えて、悔いのない選択をしてください。

デザイン専門学校 建築CGデザイン学科卒業生の体験談・口コミ

デザイン専門学校を目指した理由

府内でも指折りの人気の学校だったことと、自宅からも近く通いやすかったことが一番の理由です。

建築CGデザイン学科を目指した理由は、ものづくり、とりわけ建築関連の設計に携わりたかったからです。

努力の甲斐あって、今ではその方面で活躍できております。

デザイン専門学校で学んだこと・役に立っていること

建築に関する基本的なことをすべて学べるので、現在のCADオペレーターの仕事に大変役立っております。

職場には、建築のことを学ばずに、CADの操作のみで入ってきた人もいますが、建築の基本的なことを理解していないため、当初は苦労していたようです。

デザイン専門学校の雰囲気

学生の意識は高いと思います。

一般的な大学生にありがちな、なんとなく入学した、というような学生は皆無で、それぞれがしっかりとした目標を持ち、それに向かって邁進しています。

事実、就職率は府内でも大変高く、私を含め周りで内定を得られなかったものは一人もいません。

デザイン専門学校で楽しかったところ

学園祭が一番の思い出です。

私達は、屋台で焼きそばを販売しましたが、売り上げは上々でした。

普段勉強づくめの中でこういった楽しいイベントがあると、いい気分転換になりますし、何より、友人たちとの親睦が深まるので心から満喫できました。

デザイン専門学校でつらかったところ・大変だったところ

それまで一度も携わったことのない分野だったため、当初は授業についていくのが大変でした。

物分かりの悪い私は、とにかく量でカバーするしかありませんでした。

そんな私に対して、先生方は丁寧に接してくれ、本当に感謝しています。

デザイン専門学校の卒業後の就職先・進路

当然のことながら、建築関連への就職先が大半を占めます。

私は、CADを用いた設計(もちろん建築関連)の仕事を求めていたのですが、無事にその方面での就職に成功しました。

現在も会社に勤めており、仕事は順調そのものです。

デザイン専門学校卒業後の所感・メッセージ

学生の意識は非常に高いです。

また、就職率も高いため、将来のことを見据えるなら、入学する価値は十分にあると思います。

デザイン専門学校 グラフィックデザイン科卒業生の体験談・口コミ

デザイン専門学校を目指した理由

正直なところ、あまりやりたいこともなかった当時、さまざまな分野が集まる学校ならばより勉強をしたいと思える存在に出合えるのではと思い、この専門学校を見つけたのがきっかけです。

そして、学校案内を見る中で、グラフィックデザイン以外にもグッズデザインを学べる旨が書かれたこの学科を発見し、もともと興味があるグッズデザインを学ぶのもよいだろうとこの学科を目指すことを決断しました。

デザイン専門学校で学んだこと・役に立っていること

学校で学んだのはデザイン全般のことになります。

専攻を選択する前にはグラフィック、いわゆる広告のデザインであったり写真撮影の技術であったり、雑誌編集であるエディトリアルデザインやデッサン、シリコンでの造形などさまざまなことを学ぶことができました。

パソコンでの画像加工はさまざまなシーンで活用できるので、今でもかなり役に立っています。

デザイン専門学校の雰囲気

男女比はほぼ半々で、比較的明るい子が多かったように思います。

盛り上がるのが好きな傾向が強く、学校行事に気合いを入れて参加したり、打ち上げなどもかなり楽しんでいました。

地方から出てきている学生も多かったので、勉強に関しては真面目でしっかりした印象がありました。

デザイン専門学校で楽しかったところ

基本的にみんな仲が良かったところは楽しかったです。

何気ないおしゃべりはもちろん、課題が終わらず居残りをする際にも多くの学生が残っていたので、寂しいなど感じることはありませんでした。

デザイン案を提供してもらうなど、互いに助け合って作品を作っていくのも楽しかったです。

デザイン専門学校でつらかったところ・大変だったところ

もともと美術系に強い関心があったわけではなかったので、デッサンなど専門性の高い授業はかなりつらいと感じました。

また、グラフィックデザインというのは基本的にパソコンを使用するため、ソフトの使い方を覚えるまではやりたいことができなかったりと大変でした。

デザイン専門学校の卒業後の就職先・進路

卒業後の就職先は、デザイン会社に就職する人も多かったですが、それと同じくらい一般企業へ就職した人も多かったように思います。

また、一度会社に勤めてから、あるいは勤めつつフリーランスとして活動を始めるという人も少なからずいました。

デザイン専門学校卒業後の所感・メッセージ

私は結局デザイン関係の仕事につかなかったのですが、人間関係やデザインに関する知識など自分の糧となることが多かったのでその点は良かったと思っています。

どんなものであれスキルを身につけておくと、意外なところで活用できたりします。

まだ何もしたいことが浮かばないというのであれば、まずちょっとでも興味のあることを見つけて、それに関する技術を学んでみるのも良いと思います。

デザイン専門学校 CG映像クリエイター専攻卒業生の体験談・口コミ

デザイン専門学校を目指した理由

入学前後当時コンピュータグラフィックスが映画・ゲーム等で本格的に使用され新しく革新的な映像表現手法として世間で認知されました。

その中で3DCGに興味を持っていたところ、実際にコンピューターグラフィックスによる学生のCG映像作品が深夜番組で放送されて非常に興味を持ちました。

その後、そういったことを勉強できる学校があることをインターネットで知り、CG映像制作を学べる場を目指すことにしました。

デザイン専門学校で学んだこと・役に立っていること

入学した専門学校では、2DCG、3DCG制作に使用されるアプリケーションのオペレーションをはじめ、基礎となるデッサン等、広告等のデザインや映像作品のプリプロダクション(企画や各種デザイン、絵コンテ)、カメラワークなどの映像制作に関する知識などCGクリエイターに必要なことを学びました。

基本的に学生時に学んだアプリケーションのオペレーションは仕事でずっと必要です。

その中で、学生時代に得た知識をいかしながらデザインやCG技術の進歩を吸収してきました。

また、締切(納期)を守るという感覚を学生時代の作品制作の中でたたき込まれたので仕事に就いたときからその意識は役に立っています。

これは仕事をするうえで最も重要な意識の一つといえます。
デザイン専門学校の雰囲気

専門学校の学生は、目指すものが専門的なので知識やオペレーションを習得しようとする意識が高い人が多く、勉強中やオペレーション中は黙々とやります。

知識・技術等についてのコミュニケーションが多く、雰囲気的には教え合うことを楽しめる学生が多いです。

男女比は4対1くらいでした。

デザイン専門学校で楽しかったところ

コンピューターグラフィックスは制作アプリケーションのオペレーションを習得していくと、次第に自分のイメージしたものを制作できるようになり、自分の習得レベルを肌で感じやすいというのが楽しいです。

また、各学生の制作作品の発表会があり、それぞれの作品を見て刺激しあえるのも楽しい部分です。

基本的に、深夜時間帯も設備が使えたので夜中まで学生同士で刺激し合えるのは楽しく感じました。

デザイン専門学校でつらかったところ・大変だったところ

学生作品の学内発表会へ向けてのCG映像作品制作に締切が設けられており、締切間近は大変でした。

学生それぞれで、企画から作品の完成まで行います。

学生にとってCG作品の制作全工程をスケジュール通りに制作するというのは大きなハードルとなります。

また、発表会用に制作する作品は就職活動時の企業へのアピールに使用するものとなりますのでプレッシャーも大きいです。

そのため締切間近は寝る間も惜しんで制作する学生が多く、疲労やプレッシャーなどのピークとなりつらかったです。

デザイン専門学校の卒業後の就職先・進路

卒業後の就職先としては、映像制作や編集会社(映画、TV、遊技機、アニメーション等)、ゲーム開発会社、テレビCMやPV(アーティストやメーカーの製品のプロモーション映像等)の制作会社があり、映像制作会社とゲーム開発会社への就職が多かったです。

基本的にこれらの会社ではCGクリエイターの経験がいかしやすく、自分もこれまでに、映像、アニメーション、ゲームとそれぞれで仕事が行えています。

中には、学生時に学外で仕事を受けたりして、卒業後フリーランスになった方や起業した方もいました。

デザイン専門学校卒業後の所感・メッセージ

この学校を卒業して良かったと思うことは、専門性・特殊性の高い分野への門となるという点です。

専門性が高いことから経験を積むことでCGを扱う職であれば活躍が期待できる場が多いです。

そういったことにつながることを習得できたのは良かったと思える点です。

逆に大変だったこととしては、作品制作に追われる期間があり、オペレーションの習得にも時間を費やすのでアルバイトがあまりできなかったです。

お金のやりくりは大変でした。

クリエイティブな分野ですので、自由な表現や制作ごと、美術的なことが好きな方には楽しく、又、必死になれる専門学校だと思います。

デザイン専門学校 クリエイト学科卒業生の体験談・口コミ

デザイン専門学校を目指した理由

パソコンを使用して商業用の広告やポスター等の構成から印刷までの勉強やウェブデザインについて学びたかったので、ビジネスや漫画、商業用グラフィックデザインの授業を受けられるクリエイト学科のあるビジネス専門学校を志望しました。

デザイン専門学校で学んだこと・役に立っていること

中学・高校時代はアナログな手描きのイラストや作品を作ってきましたが、パソコンで取り込みデータとして処理する技術までは学べませんでした。

実際にクリエイト系の専門学校に入学してプロとして活躍されている講師の方々から本格的な知識やノウハウを教えていただけて、オリジナルの作品を自分でデザインし印刷物として活用することができました。

デザイン専門学校の雰囲気

学校自体はビジネス専門学校なので公務員や漫画家等さまざまなジャンルの学科があり各学科のコースによって男女比やクラスの雰囲気は違います。

クリエイト系では漫画家志望のクラスではほぼ女性しかいませんが、グラフィックデザインやゲームコースでは男性の方が多いように思えました。

同じ目的や趣味で入学している人が多いので比較的早く仲良くなれると思います。

デザイン専門学校で楽しかったところ

基本的に自分の感性でデザインし作品を作ることができたのでやりがいがありました。

プロの先生に自分の作品を見てもらい、すぐその場で的確な指導をしていただけるので、こつこつ作業をしたい人にとっては好きなだけ作品を仕上げることができるので楽しいと思います。

デザイン専門学校でつらかったところ・大変だったところ

商業用のチラシやポスターなどを学ぶ授業なので作品展やコンテストに応募する機会が少なく、学外での評価や審査をしてもらう機会が少なかったと思います。

全く知識のない人からある程度勉強を経て入学した人が同じクラスなので、1年目の授業速度は初心者向けに設定されており、進む速度が遅く感じる部分は多々ありました。

デザイン専門学校の卒業後の就職先・進路

基本的に自分で求人を探し自分でアポをとって面接を受け内定をもらうまでその繰り返しをしていました。

デザイン系の企業はあまりないので在籍中仕上げた作品を持ち寄って審査員に見てもらうことでアピールしますが、感性が気に入ってもらえなければ内定はもらえないのでとても厳しい業界です。

クラスの1割が志望に合格できるかどうかの世界だと思います。

自分は良い縁がなかったので他業種の仕事をしています。

デザイン専門学校卒業後の所感・メッセージ

よかったことはパソコンと印刷機を持っていれば自分でデザインしたものを印刷し使用することができるので、ポップを作ったりチラシを作ったり需要があればとても役に立ちます。

就職率はとても低いので絶対に印刷会社やデザイン系に就職したい場合は授業外で自主的に作品をつくりコンテスト等に応募し入賞しなければ作品の価値が評価されないので、就職で自分の価値を主張するためにはある程度独自に行動しなければなりません。

デザイン専門学校 建築デザイン科卒業生の体験談・口コミ

デザイン専門学校を目指した理由

専門学校の建築デザイン科を目指しました。

元々、建築デザインに興味があり、自分でデザインした家に住みたいと考えていたので、しっかりと基礎から勉強して仕事としてやっていきたいと考えていました。

デザイン専門学校で学んだこと・役に立っていること

建築デザイン科で学んだことは、今の仕事にとても役立っています。

子供部屋のアレンジなどを相談されることも多く、内装やデザインに主婦目線の室内環境の建築デザインなど、いろいろと取り入れています。

デザイン専門学校の雰囲気

学校には、幅広い年齢層の方が通っています。

私は、一旦、社会人として働いていましたが、建築デザインの勉強をしたいと思い、仕事を辞めてから学校へ入学しました。

学生の雰囲気もアットホームな感じで、熱意を持って勉強しているので、けっこう刺激を受けます。

デザイン専門学校で楽しかったところ

楽しかったことは、いろいろな建築デザインの見学を行ったことです。

同じ建築デザイン科の友人と海外旅行先で建築物を見ながらデザインを学ぶなど、目的が同じなので、いろいろと刺激を受けることができました。

卒業してからも刺激を受けることが多く、とても勉強になります。

デザイン専門学校でつらかったところ・大変だったところ

つらかった部分は、提出物が多いので、けっこう作品を仕上げるのが大変でした。

建築デザインを自分なりに構成から仕上げまで、全て一貫して行うので、なかなかアイディアが浮かばない時は大変で、何度か徹夜して作品を仕上げたことがあります。

デザイン専門学校の卒業後の就職先・進路

卒業後の就職先や進路は、建築会社や工務店のデザイン部門、インテリアコーディネーターとして活躍するなど、幅広い分野です。

建築デザインの勉強をしながらインテリアコーディネーターの勉強を並行して行うケースも多く、独特の感性が磨かれるので、楽しいです!

デザイン専門学校卒業後の所感・メッセージ

建築デザイン科は、卒業時には、自分がイメージしていた建築物のデザインやカラーなどをスムーズに表現できるようになります。

物を作る仕事として形になるので楽しいですし、専門学校は幅広い年齢層の方が通うので、いろいろな考え方も学べ、刺激を受けることができ、専門的な勉強ができるので、卒業後もスペシャリストになれます!

デザイン専門学校 造形美術科卒業生の体験談・口コミ

デザイン専門学校を目指した理由

私は、イラストやデザインなど、ものづくり関係の仕事をしたいと思っていたのですが、入学前ははっきりと「この業界を目指そう!」というビジョンがない状態だったので、あまり学べる内容を限定したくはありませんでした。

デザインの専門学校といっても、実務的なデザインに特化した授業を行っているところから、デッサン・色彩・イラスト・Web・染色・彫刻など、基礎を踏まえていろいろな講義を選択できる学科が用意されている学校もあります。

私は実務的なデザインに限定せず、いろいろ学べる学科を選んで幅広く経験を積んだ後、どの分野に就職するか、自分に合った職種をじっくり考えたいと思ったので、造形美術科を目指しました。

デザイン専門学校で学んだこと・役に立っていること

チラシのデザインをする会社、イラストを描く会社などに勤めたので、デッサンや色彩などの基礎的な授業、デザインソフトや描画ソフトの扱い方などの授業が特に役に立ちました。

また、企画やプレゼンテーションなどの授業、見やすくわかりやすいデザインレイアウトの授業などは、デザイン業界に進まない場合も、社内会議や資料作成などの一般業務でとても役に立ちます。

デザイン専門学校の雰囲気

男女比はやや女性が多い印象ですが、あまり偏りはなく男女半々ぐらいでした。

学生の性格は、好きなことを学びに来ているので、みんな楽しそうで、あまりガツガツせずのんびりした穏やかな雰囲気がありました。

もちろん、難しい課題や就職など悩みもあるのですが、友達とアドバイスを出し合ったり、一緒に展示企画を考えたりして、協力的に学んでいく感じでした。

意識は個人によってかなり差があったと思います。

義務教育とは違うので、先生方も生徒の自主性に任せているところがあります。

積極的に自分から行動していく人は、成長が目覚ましいです。

進級時、卒業時にその違いがはっきりと結果に出てきます。

デザイン専門学校で楽しかったところ

自分の好きなことを学べるところ、実際に企業から依頼されるような内容でものづくりを実践できるところ、友達と一緒に課題や展示企画を行ったりできることがとても楽しかったです。

自分1人で課題に取り組んでいると、悩みや壁が出てきたときに、なかなかポジティブに克服するのが難しいです。

先生方も指導してくださいますが、同じ目線で悩んだり、頑張ったりできる仲間、友達を作ることがとても大事だと思います。

正直に言ってしまうと、専門学校で学んだ授業の内容自体は、かなり時間がかかりますが、独学でも学べないことはないです。

せっかく専門学校に行く事を選ぶなら、そこでしかできない「いろいろな人とやり取りをし、協力しながらものづくりができる」「専門の先生にたくさん質問ができる」という環境を是非いかしてください。

それが、社会に出たときに一番役に立ちます。

デザイン専門学校でつらかったところ・大変だったところ

私の行っていた専門学校は2年で卒業だったので、授業や課題のスケジュールが少しタイトでした。

さらに、アルバイトをして学費を払っていたので、平日の授業の後や土日に働いていたため、かなり忙しかったことが大変でした。

授業を受けられなくなっては意味がないので、アルバイトをしたいと思っている方は、無理のない範囲で、本業である授業や課題をおろそかにしないように気を付けてください。

奨学金制度を設けている学校もあるので、学費について不安がある場合は、ご両親や先生に相談してみるといいかと思います。

デザイン専門学校の卒業後の就職先・進路

紙媒体やWeb媒体のデザイン会社、または一般企業で自社商品のラベルやチラシなどのデザイン部署がある会社への就職が一番多かったと思います。

他には、独立してフリーデザイナーやイラストレーターとして活動する方もいました。

私は一般企業の自社商品デザイン部署に入社して3年勤めた後、専門学校で学んだことと実務経験を活かして、ゲーム制作会社に転職しました。

デザイン専門学校卒業後の所感・メッセージ

自由でのびのびした雰囲気で、楽しく、幅広い内容を学べるところが良かったです。

同級生とは確かにライバルでもあるのですが、それよりも一緒に頑張る仲間、という意識が強いです。

学校は毎日通う場所なので、あんまりガツガツ、ピリピリした雰囲気すぎても長続きするのが難しいという気がするので、楽しく学んで刺激も与えあえる、ちょうどいい環境だったと思います。

いまいちだったところは特にないですが、学校で学んだことと、就職した後の実務との間には、いろいろなギャップがあります。

もっとも、それは社会に出たら誰でも多かれ少なかれ、何かしらの出来事で「学生時代とは違う」と感じることがある範囲のものだと思います。

学生時代になるべくそのギャップを埋めたい場合は、将来就きたい職種に勤めていた先生や、OBの先輩などに、実務で大変なことや就職してギャップを感じたことについて、話を聞いてみるといいと思います。

デザイン専門学校 グラフィックデザイン卒業生の体験談・口コミ

デザイン専門学校を目指した理由

東北の田舎に住んでいて、高校卒業後は今よりも都会に出たいと思ってました。

東京は離れすぎていて、なんだか怖いイメージがあったので、住みやすくもある仙台の専門学校に決めました。

また、学費面からもちょうどよく2年で終了できる点も利点でした。

デザイン専門学校で学んだこと・役に立っていること

卒業後、そのままデザイナーという職業に就いて今に至ってます。

正直なところ、教わった内容はソフトの使い方が役に立ってます。

Webのプログラムなども幅広く学べて今でも実践スキルとして役立ってます。

なお、デザインなどへの考え方は仕事から学ぶしかありませんでした。

人間関係の構築は今になっても財産です。

デザイン専門学校の雰囲気

男女比は半々で、オタクっぽい人とそうでない人がはっきり分かれてます。

デザイン科とイラスト科に分かれるのですが、やっぱりイラスト科の方が女性率は高かったです。

オタクっぽい人も多かったような……。

おしゃれな人はすごくおしゃれでした!

デザイン専門学校で楽しかったところ

同じことを志しているので、同じ趣味趣向の人が集まる気がします。

中学高校までは強制的にいろいろな人種が集まりますが、専門学校は同じものを目指す根っこが似てる人が集まるので、みんなで集まって鍋を作ったりワイワイ楽しく過ごしました。

デザイン専門学校でつらかったところ・大変だったところ

やる気のある人とない人がはっきりと分かれてしまい、やる気がない人とチームを組んだ時は苦労しました。

学生はみんなお金がなく、課題のたびに出力代、材料代がかかってしまうのでそういう面では工面が大変でした。

デザイン専門学校の卒業後の就職先・進路

そこまで有名な学校というわけではなかったので、Web系と普通の小さいプロダクションが多かったのですが、Web系となるとアダルト系も求人に入ってしまっていました。

新卒で少し待遇が悪くてもまずは入り経験を積み、次のステップへいかすという考え方の方が良いです。

割り切りましょう。

デザイン専門学校卒業後の所感・メッセージ

学校のタイプにもよるのですが、美術系だとやはり学校は吟味した方が良いです。

特にネームバリューもないところだと、適当な就職先しかありません。

きっちり四年間美大で勉強するのか、それとも吟味して美大の四年間に匹敵する学校を選ぶのか、カリキュラムや講師の評判を良く調べて入学することをお勧めします。

デザイン専門学校 写真学科卒業生の体験談・口コミ

デザイン専門学校を目指した理由

高校生の頃からファッションとカメラが大好きで、どのように関われる仕事があるのか、いくつか学校を見学して専門学校の写真学科に決めました。

他の専門学校よりも施設が充実していたのと、写真学科以外の科の仲間とも交流して作品を作ったりできる環境があったので、ここを目指しました。

デザイン専門学校で学んだこと・役に立っていること

写真学科では、カメラのライティングなどの技術的なことだけでなく、人を撮るとはどいういうことなのか、人間を考えることに多くの時間をかけてくださいました。

当時はよく分かっていなかったのですが、実際に働き始めてから、多くのものづくりの考え方と共通する部分もたくさんあり、ゴールまでを意識した思考を鍛えることができたと思います。

デザイン専門学校の雰囲気

写真学科には、カメラで表現したいという熱意のあるクリエイティブな世界が好きな学生がたくさん集まります。

学生の性格も個性豊かで、カルチャーが好きで、人が好きな方が多いです。

男女比は7対3ぐらいだと思います。

デザイン専門学校で楽しかったところ

写真学科の楽しかったところは、学校がない日でもスタジオが使えたところと、頻繁に写真講評会があり、いろいろな学生の作品の講評会があったところです。

先生も一流の方々が教えてくださるので、行動力があれば、どんどん成長できる環境が整っています。

とにかく刺激が満載の環境です。

デザイン専門学校でつらかったところ・大変だったところ

写真学科の大変なところは、写真表現は悩みの連続で行き詰まりそうになることもたくさんあります。

振り返ると、それが糧となり成長していくのですが、当時はつらかったです。

才能があるなしがはっきり分かれる残酷な世界でもありますが、それで道が絶たれるわけでもなく、写真はとにかく努力だと思います。

デザイン専門学校の卒業後の就職先・進路

卒業後の進路は豊富にあります。

スタジオカメラマンになる方、写真家のアシスタントになる方、出版社で働く方、印刷会社で働く方もいます。

カメラはさまざまな分野で応用できる世界なので、就職先は多いです。

僕は卒業後、インテリア写真の世界に入り、現在はフリーランスです。

デザイン専門学校卒業後の所感・メッセージ

写真学科は、とにかく面白いことが好きで、何かを表現する熱意と行動力のある方にとっては、日本でも有数の恵まれた環境です。

なんとなくで入ってくる方には、この学校は向いてないように思います。

写真は本当に面白い世界です。

何かを表現したい高校生にとって、最高の学び場のひとつです。

デザイン専門学校 グラフィックデザイン学科卒業生の体験談・口コミ

デザイン専門学校を目指した理由

高校時代から美術やデザインに重きを置いたカリキュラムの学校に通っていたため、デザイン系の学校に進学することがある種当然の流れのような気がしていました。

かと言って、四年生の美術大学は国公立でない限り学費も非常に高いため、専門学校を選びました。

専門学校の方が就職率も良いということも、理由に挙げられます。

グラフィックデザインで食べていけるという保証はありませんが、これからの時代は単に油絵などのアートでは生活するのは難しいと思います。

デザイン専門学校で学んだこと・役に立っていること

基本的には始めの段階では、製品パッケージや、プロダクトデザインなど、幅広くデザインの勉強をしました。

結局はグラフィックデザインとは全く関係のない会社に入ったため、実際に役に立ったという知識はないのかもしれませんが、この専門学校という特殊な場所で出会った講師陣や、クラスメイトとは、独特の絆で結ばれているような気がします。

いまだに交流が続いていることは、人生で大きな財産だと思っています。

デザイン専門学校の雰囲気

やはりアート系の大学やデザイン系の人は個性的な人が多いと思いますが、特に私が通っていた専門学校は、自分でアルバイトをしながら学費を稼ぎ、通っているという猛者が多く、精神的に独立した考えを持っている人が多かったです。

男女比は半々くらいで、独特なファッションをしている人が多く、いつもにぎやかでした。

デザイン専門学校で楽しかったところ

講師も若くて面白い人が多く、時には若者のノリでまるで友達のように話しやすく、楽しかったです。

友人の作品やプレゼンテーションを見ていると、こんな考えをしているのかと思ったり、自分には到底思いつかない色彩を見て驚かされたり、とても勉強になりました。

自分の分かり得ない他人の内面を見ているようで、デザインを知れば知るほど興味が湧き、とても面白いです。

デザイン専門学校でつらかったところ・大変だったところ

やはり課題をこなすのが大変でした。

講師ごとに違う課題を課され、同時期に提出しなければならないものが2、3点溜まった日には、到底学校後に校内で作業をしても終わらず、持ち帰ってからも作業をしたりと、徹夜が続くこともありました。

デザイン専門学校の卒業後の就職先・進路

私は結局、このように毎日課題をこなすように仕事をする日々は耐えられないと感じ、グラフィックデザインとは全く関係のない飲食系の仕事に就きましたが、クラスメイトの中には真っ当に広告などのデザインをする会社に入社した人もいます。

しかし、話を聞くとやはり仕事は大変で、繁忙期や閑散期は関係なく、帰宅が0時を過ぎる日もしばしばあるそうです。

よほどデザインという仕事が好きで、誇りを持って仕事をしない限り、会社の一員として長く務めるには体力的にもしんどいと思います。

デザイン専門学校卒業後の所感・メッセージ

10代のうちに、やりたいこと、好きなことがあるというだけで、今の時代はとても素晴らしいことだと思います。

インターネットでいろいろ調べることができるからこそ、将来の選択肢が多すぎて悩んでしまうと思いますが、どんな道に進んだとしても、そこで出会った人は、他のどの道に進んだとしても出会わなかった人達です。

私もグラフィックデザインを学んでおきながら、それとは関係のない道を選んでしまいましたが、決して後悔はしていません。

専門学校という特殊な場所で、同じようにデザインが好きな仲間と学べたことはとても幸せな思い出です。

学校が楽しくなるか、いまいちだと思うかは自分次第で、課題提出に追われてつらい時期もありましたが、今振り返ると、あれだけ徹夜して真剣に何かを完成させる、ということは大人になっては逆に経験できないことだと思います。

つらい時も、今を楽しんで下さい。

デザイン専門学校 建築学科卒業生の体験談・口コミ

デザイン専門学校を目指した理由

元々建築物を見ることが好きで、建築士になることが夢だったからです。

専門学校の建築学科を卒業すれば、二級建築士の受験資格が得られると知り、実家から通える距離ということもあり目指しました。

学費も比較的安めでした。

デザイン専門学校で学んだこと・役に立っていること

建築設計に関わる基礎知識を学べる講義から、図面の作成(製図)や建築模型の制作とプレゼンテーションなど実践的な授業がありました。

特にプレゼンは今でも役に立っていて、自分の作品や考えを人に伝えるのが好きになりました。

デザイン専門学校の雰囲気

学生の性格はおとなしい人から活発な人までさまざまでした。

目的意識の高い人が多く、学生のほとんどは建築デザイン関係の仕事を目指していました。

一般的な大学よりも、より実務に特化したカリキュラムだったからかもしれません。

男女比は6対4くらいでした。

デザイン専門学校で楽しかったところ

少人数での授業が多かったので、自然と友人ができました。

課題が出て難しくて困ったときや、テスト前はお互い助け合いながら乗り越えることができました。

専門学校と言えど、やっぱり大切なのは仲間を作ることだと思います。

デザイン専門学校でつらかったところ・大変だったところ

途中でスランプに陥り、勉強が進まなくなったことです。

授業内容が段々と難しくなって、ちょうどアルバイトも忙しかったことから、一時的に休みがちになってしまいました。

夜更かしをすることも多く、朝の授業には遅れてしまうこともありました。

デザイン専門学校の卒業後の就職先・進路

就職活動は建築関係の会社を中心に、受けました。

結果的には正社員ではなくアルバイトとして設計事務所に入ることになりました。

自分の周りでは建築関係が7割くらい、それ以外が3割くらいでした。

その後、ステップアップして正社員になった人が多いようです。

デザイン専門学校卒業後の所感・メッセージ

良かったところは、先生が親切だったことです。

授業で分からない点や進路相談には親身になって聞いてくださったのでスランプから抜け出すことができました。

いまいちだったのは、課題が多くて資格の勉強に手が回らなかったことです。

高校生へのメッセージとしては、夢への第一歩として勇気をもって踏み出してほしい、ということです。