フリーランスの美容師として活躍するには?

フリーランスで働く美容師もいる

美容師の多くは、全国各地のさまざまな美容室に就職し、店舗のスタッフとして働いています。

このような美容師はいわゆる雇われの美容師となりますが、なかには特定の企業や店舗に所属せず、フリーランスの形で働く美容師も少なくありません。

フリーランスは「個人事業主」となり、独立して個人で仕事をすることになります。

そのため確定申告が必要で、経営や運営に関する雑務もすべて自分でこなす必要があります。

面貸し・業務委託の美容師

フリーランスの美容師には、「面貸しの美容師」や「業務委託契約の美容師」も含まれます。

面貸しの美容師は美容室と業務委託契約を結び、「時間あたり」や「1日あたり」の使用料を支払い、美容室内の一部を借りて自分のお客さまを呼び、施術を行うスタイルです。

業務委託契約についても面貸しとほぼ同じ考え方で、フリーランスで店舗と業務委託契約を結んで働きます。

面貸しや業務委託の美容師を募集している美容室はたくさんあるので、インターネットなどを活用して情報を集めるとよいでしょう。

自ら店舗を持たずにフリーランスとして働くことができ、高い配当を得られる一方で、使用料や施術に関する材料など、ある程度の費用を売り上げから支払わなければならないというデメリットもあります。

フリーランスの美容師になるには

フリーランスでの働き方は、美容室に勤務するよりも自由度が高いことなどから、最終的な目標として憧れている人も多くいます。

しかし店舗に所属している場合とは異なり、フリーランスの美容師は自分の名前や腕そのもので勝負していかなくてはなりません。

店のブランドや知名度を利用してお客さまを集めるのは難しいため、まずはフリーランスでやっていけるだけのお客さまを持つことが大切です。

したがって、美容師になったばかりの人がいきなりフリーランスになるというのはあまり現実的ではなく、スタイリストとして何年も働いたうえで、ようやくフリーランスになるというケースが一般的です。

なお店舗に勤務してある程度の経験を積んでから、独立準備のために一定期間フリーランスとして働く人もいるようです。

フリーランスで働くメリット・デメリット

フリーランス美容師のメリット

フリーランスの美容師には定められた勤務時間がないため、いつ働くか、何曜日の何時に予約を受けるか、といったことは自分で決めることができ、美容室に勤める場合よりも自由度の高い働き方ができます。

また多くの美容師は「基本給+歩合」で給料を得ていますが、フリーランスであれば、自分が稼いだお金がすべて手元に入るため、収入がアップする人もいます。

フリーランス美容師のデメリット

フリーランス美容師には基本給がないため、売上が少なかった月は収入が大きく減ってしまいます。

安定した売上を出せるようにならなければ、不安定な生活を送ることになるかもしれません。

また、お店のブランドや肩書きを利用することができないため、自分の名前や腕そのもので勝負しなくてはなりません。

さらに、毎月の売上計算や、国民年金や国民健康保険の手続きや支払い、確定申告など、事務的な作業をすべて自分でこなさなくてはならないため、仕事量が増えるというデメリットもあります。