宇宙飛行士の給料・年収

給料・待遇

宇宙飛行士の給料は、JAXA職員給与規程が適用されます。採用時の本給は大卒30歳で約30万円、35歳で約36万円。専門的な職業ですが、給料はそれほど高くありません。

また、年に1回の昇給と年に2回の賞与があり、扶養手当、住宅手当、通勤手当、特殊勤務手当などの諸手当が支給されます。

その他の待遇に関しては、独身寮や世帯向け宿舎が用意されているほか、各種社会保険、契約保養施設、スポーツクラブなども利用できるようです。

宇宙飛行士の待遇は良い?

宇宙服を着て颯爽と歩く宇宙飛行士の姿に、憧れを抱く人は多いでしょう。

しかし、宇宙飛行士候補者として選ばれた人の中には、それまで医師やパイロットなど「高給」と言われる職業に就いていた人も多く、宇宙飛行士になったことで収入が大きく下がるということは珍しくないようです。

宇宙飛行士候補者になれば海外での訓練などが始まり、それまでの日常生活は大きく変わります。さらに、宇宙飛行士に選ばれたとしても、実際に飛ぶまで10年近く待たされる可能性もあります。

先の見えない中、ひたすら訓練を重ねる日々に耐えなければならないのです。また、宇宙は美しいばかりでなく、一歩間違えれば命を失うとても危険な場所です。

このことから言えるのは、本気で宇宙飛行士を目指す人たちは、とても強い覚悟を持って宇宙飛行士を目指しているということです。

それまでの地位や業績を捨てることができる人、見栄やプライドではなく「宇宙に行きたい」という情熱が人一倍強く、夢に向かってずっと努力し続けられる人でなければ、到底務まらない仕事です。