トレーダーの就職、採用募集状況

新卒採用の場合

国内の大手証券会社や銀行では、新卒採用にあたって「トレーダー」という職種で募集を行うことはほとんどありません。

多くの人材を「総合職」として一括採用し、適性や能力を見極めたうえで、会社の事情も踏まえて各ポジションに振り分けていくのです。

ですから、いくらトレーダーになりたいと思っていても、必ずしもトレーダーの仕事と関わるトレーディング部門などに配属されるとは限りません。

各企業には営業部や総務部、経理部、広報部などたくさんの部署があり、希望通りに配属される可能性のほうが少ないともいえます。

とくにトレーダーは、大勢の若手社員の中でも、極めて優秀な人材が選ばれやすいようです。表向きでは「学歴重視」と掲げていなくても、蓋を開けてみれば一流国立大学出身者や、最難関レベルの私立大学出身者が大勢います。

一度まったく異なる職種で入社してしまうと、よほどがんばらない限り、そこからトレーダーになるのは険しい道のりです。

早いうちからトレーダーを目指そうと考えている場合は、できるだけ難関大学を出ておくに越したことはないかもしれません。

転職組も多い

トレーダーは、転職者の多い職業といわれています。

投資銀行や証券会社も即戦力になる人材を歓迎する風潮で、金融機関における金融商品(株・債券・為替など)のトレーディング経験者であれば、正社員もしくは契約社員としての求人がそれなりにあるようです。

腕を磨いた人は、より良い収入や待遇を求めて転職を繰り返す人も少なくないようです。なお、業界内で実力が認められるようになると、国内企業より厳しいとされる外資系証券会社にヘッドハンティングされることもあります。

いずれにせよ、中途採用の場合は金融市場に対する深い知識と経験が求められますので、まったく異業種からの転職は少々難しいかもしれません。