トレーダーの1日

トレーダーは朝が早い

トレーダーの1日の特徴は、一般的な会社員よりも早い時間から仕事をスタートするという点です。その大きな理由は、取引が開始される朝9時ごろまでにマーケットの動向をチェックし、その日の執行方針を決めなければならないためです。

また、日本が深夜の時間帯でも、時差のある海外では経済情勢が動き続けていますから、朝起きてすぐにマーケットの変化や現状を確認することは、トレーダーにとって絶対に欠かせないことなのです。

出社してからも、マーケット全体や個別銘柄の値動きなどをリアルタイムでチェックし続けるため、トレーダーの1日はめまぐるしく過ぎていきます。

では、実際にトレーダーの1日の様子を見てみましょう。

証券会社に勤めるあるトレーダーの1日

05:00 起床

テレビの経済ニュースで海外マーケットの動向をチェックしたり、経済新聞には毎朝必ず目を通します。

07:00 出社

メールチェックをしたのち、朝礼が行われます。社内のアナリストやディーラーと一緒にミーティングを行い、前日の市場動向や、その日の経済イベントを共有します。

09:00 取引開始

日本のマーケットで前場の取引が開始となります。マーケットの動きは常に追い続け、状況によっては執行方針を変えていきます。

お客さまへ電話をかけ、その日のマーケットの状況や個別株の動きをお伝えすると共に、お客さまからも次々と売買の発注が入ってくるため、緊張感を持って仕事を進めます。

11:30 昼食

12:30 取引開始

後場の取引開始となります。午前と同じく発注銘柄やマーケット動向を気にかけながら、取引をします。

15:30 事務作業

15時過ぎに場が引けると、伝票整理などの事務作業に入ります。お客さまのもとを訪ね、情報提供や運用提案を行う日もあります。

17:00 ミーティング

部署全体で当日の売買動向などについて情報交換します。

18:30 退社

業務が立て込んでいなければ、残業はあまりせずに帰れます。夜は勉強会に参加することもあります。