鉄道会社社員の仕事、業務内容

人々の足となる鉄道を安全に走らせる

鉄道会社の軸となる仕事内容は、街に鉄道を走らせることによって人々の暮らしを支えることです。

通勤・通学、観光など、人々はさまざまな目的で日常的に鉄道を利用しています。日本において、鉄道は交通手段の一つとして深く根付いており、私たちの暮らしはもはや鉄道なしでは成り立たないといっても過言ではありません。

鉄道会社は、事前に決められたダイヤに沿って安全に、正確に鉄道を動かし、人々を駅から駅へと運ぶことによって、便利で快適な社会をつくることに貢献しています。

鉄道会社では、大別して以下のような職種の人たちが活躍しています。

事務職

利便性の高い運行ダイヤを考えたり、駅や鉄道内でのよりよいサービスを検討したりと、お客さまに喜んでいただける施策を企画します。

また、社員にとって働きやすい組織や職場環境づくりを行い、会社を裏方としてバックアップします。

技術職

鉄道は、多様な部品と高度な技術で成り立っています。

安全に鉄道を走らせるために、技術的な見地から車両および信号機や転轍機、踏切保安設備といった各種設備のメンテナンス・管理に携わります。

現業職

いわゆる駅や鉄道に勤務する人たちです。

駅係員、車掌、運転士などが該当し、お客さまに安全で快適なサービスを提供します。

電車運転士の仕事
車掌の仕事

「街づくり」そのものに深く関わっている

鉄道会社社員といえば、駅や鉄道で働いている人の姿をイメージする人がほとんどでしょう。

しかし、実際に鉄道会社では、鉄道を走らせることそのもの以外にもさまざまな仕事をしています。

そのひとつが、鉄道沿線の駅ビルなど商業施設の運営です。

駅ビルは街のシンボルとなり、住民をはじめ、ビジネスマンや観光客など多くの人が訪れます。

街の印象を強く決定づけ、その街の暮らしやすさを左右するものにもなることから、鉄道会社は力を入れて商業施設の運営を行っています。

このほか、鉄道会社が手掛けるビジネスは、時代とともに多様化しています。

たとえば、高齢者向け住宅や保育施設の運営、不動産開発、レジャー施設やホテル運営、さらに建設業やバスやタクシー事業を展開するところもあります。

これらの各ビジネスは、鉄道会社のグループ会社で展開されていることが多いですが、鉄道会社社員が出向という形でグループ会社で働いていることもよくあります。

鉄道会社の仕事の特徴は、鉄道沿線の住民が心地よく安心して暮らせるような「街づくり」に深く携わっていることだといえるでしょう。