鉄道会社社員として働くには(大学・学歴・学部など)

鉄道会社へ入社するためのルート

鉄道会社社員として働くには、各鉄道会社が実施する社員採用試験を受けて、採用される必要があります。

鉄道会社によって採用試験の種類や内容は異なりますが、大手の場合、たいていは本社で幹部候補としてマネジメント業務に携わる「総合職」と事務の仕事を中心に行う「一般職」、さらには現場で車掌や運転士として働く「現業職」といった区分で採用活動が行われることが多いです。

さらに、広範囲のエリアで事業を展開している鉄道会社の場合には、地域を限定して異動を伴わずに働きたい人を対象とする「エリア限定職」といった採用区分でも試験を行うことがあります。

入社後の流れ

総合職として採用された場合には、営業、経営企画、人事、経理・財務、広報といった業務に携わることになります。

ただし、まずは駅などの現場で研修を受け、鉄道会社の仕事を広く理解することからスタートすることが多いようです。

本配属になってからも、同じ部門で一つの仕事だけを長くやるというよりも、数年ごとのジョブローテーションによって、さまざまな業務を経験しながらキャリアを磨いていく流れが一般的です。

また、企業によっては、駅ビルや百貨店などの関連会社への出向を命じられることもあるようです。

現業職の場合には、駅係員としてキャリアをスタートし、そこから車掌、そして人によっては運転士へとステップアップしていく流れが一般的です。

ただし、車掌になる際には社内の登用試験を受けて合格する必要があるほか、運転士になるには国家試験や訓練を受けなくてはなりません。

必要な学歴、有利な学部は?

大手鉄道会社の総合職あるいは一般職として働きたいのであれば、基本的に「大卒以上」の学歴が求められます。

一方、現業職を目指す場合には、たいていの鉄道会社で「高卒」の採用人員を多く設定しているため、大卒の学歴を持つよりも、むしろ高卒でそのまま就職するほうが就職先としての選択肢は多いといえるでしょう。

電車運転士の仕事
車掌の仕事

ただし、最近は大手鉄道会社でも、JR東海のように大卒者が現業職に就くための採用試験を実施するところもあります。

総合職や一般職については基本的に学部・学科は不問であり、とくに有利になる学部・学科もないといえるでしょう。

現業職については、採用実績がある高校に求人情報が届き、学校を通して応募する流れが一般的です。

また、専門学校の鉄道系学科を出て、そこから鉄道会社を目指すことも可能です。専門学校は鉄道会社とのつながりを持っているところも多く、就職に関する情報が入手しやすいでしょう。