指揮者の給料・年収

実力によって収入は大きく異なる

指揮者の年収は、その人の認知度や実力などによって大きく異なってきます。

指揮者の多くはオーケストラに所属して給料を得ており、そこでは、それぞれの指揮者がもつ「称号」によって年間の演奏回数等がほぼ決められています。

同時に出演料も決められており、海外のコンクールで入賞経験がある若手の指揮者であれば、公演1回当たり20〜30万円程度、著名度が上がってくると50万円以上になるようです。

年収に関しては、有名な指揮者になれば1000万円を超えることも難しくありません。

また、ネームバリューで会場を満員にできるほどの観客を呼ぶことができるレベルの指揮者になれば、収入はさらに大きく跳ね上がります。

逆に、知名度がなければ年収200万円に届かないこともざらにあります。

平均年収は?

指揮者として成功するのは簡単なことではありません。下積み時代はアマチュアの楽団に所属し、アルバイトをしながら指揮者の仕事を探す人もいます。

あるいは、指揮者になってからもオーケストラでの指揮だけでなく、大学や音楽学校での講師業を通じて収入を得ている人が大勢いるようです。

さまざまな活躍の仕方をしている人がいるため一概にはいえませんが、平均年収は400〜900万円程度がボリュームゾーンになるようです。

指揮者の活躍の仕方はさまざま

実力ある指揮者の中には、「音楽監督」や「常任指揮者」となって特定の楽団と深く関わる人もいれば、どの楽団にも所属せずに「客演指揮者」として、さまざまなオーケストラの演奏に携わる人もいます。

どのような活動の方法をとるかはその人の考え方次第ですが、世界的なコンクールで上位入賞経験があったり、豊富な実績を積んだ有名な指揮者になると、あちこちのオーケストラから高額の出演料で多くの出演依頼が入るようになります。