機関士の仕事内容

機関士として働く

国家資格である海技士の資格を取得すると、船舶職員として働くことができます。

この船舶職員の中に含まれる、「機関士」の仕事内容について解説していきます。

海技士国家試験(機関)に合格したのち、取得した級数に応じたトン数、航行区分の船に勤務することになります。

安全な航海を行うため、船長、機関長、航海士、甲板員と協力し合いながら業務を行います。

機関士の仕事の内容

機関士の仕事は、船の中でも機械を扱うことに特化しています。

機関部の最高責任者である機関長の指示をあおぎながら、他の機関士ならびに機関員と共にエンジン、ボイラー系機器を操縦します。

エンジン系統が搭載された船には、機関士の有資格者が乗船しなければ航海を行うことができません。

機関士には1〜6級までの階級が存在しています。

商船を例にすると、通常は「1等機関士」「2等機関士」「3等機関士」から構成される機関部が存在しています。

こうしたメンバーを統率するのが機関長となります。

一度出航した船は、航海中は24時間体制でエンジンや計器の運転、監視が行われています。

船が停泊中であっても監視は常に行われており、交代制の当直によってスケジュールが組まれています。

しかし近年では大型の最新式の船ではエンジン系統機器も一新されており、夜間や停泊中の監視が機関室では行わずに済むケースも出てきています。

機関士の仕事の分担

同じ機関士でも、級数によっては扱える機器に違いがあります。

1等機関士は、主にエンジン系統を中心としたプロペラ部分など、船を直接動かす役目をしている機器を担当します。

2等機関士は発電機、操縦機器の保守点検を任されます。

3等機関士はボイラー系統を担当し、空調や冷凍器などが正常に機能しているかどうかを常時チェックしています。

機器は動力で作動するため、動作時には熱を発散します。エンジン系統であればその熱量は膨大になるため、機関室の室温はかなり高いものとなります。

またボイラーや発電機といった機器は動作に伴った機械音を発生させるため、機関士はつねに凄まじい騒音の中で仕事をすることになります。