機関士になるには

まずは学校に進学

機関士として船舶職員になるには、国家資格が必要になります。

海技士国家資格に合格し、海技士の免許を機関部門で取得した人のみが機関士として従事することができます。

旧商船大学とよばれる現在の東京海洋大学もしくは神戸大学、海上技術短期大学校などに進学することが必要です。

さらに商船高等専門学校、海上技術学校、水産高等学校に進学する方法もあります。

自分の年齢や住んでいる場所などを考慮して、学校を探してみましょう。

乗船実習を行う

各学校に進学した後、座学として船舶を航行するのに必要となる各種の機器及び計器について学びます。

それらの理論と操作について学ぶのには3〜5年が費やされますが、その過程には乗船実習を所定の年数だけこなすことが義務付けられています。

乗船期間については進学先の学校によって規定が異なります。

また、乗船実習は学校が所有している練習船で行われるケースと、学校が指定する航海訓練所にて行われるケースがあります。

機関士のキャリアアップ

定められた要件を満たしたのち、海技士国家資格の受験資格が与えられます。

受験できる級数は最高でも3級までとなり、さらに上級の試験を受験するには乗船実績が必要となります。

乗船実績とは、一般企業でいうところの勤務実績と良く似た考え方で、実際に機関士として仕事をしてきた内容と期間とを評価するために設定されています。

こうした乗船実績は、海技士国家試験の口述試験で審査されることになります。

質疑応答では、機関士としての勤務中に乗じた問題点にどのように対応し、どのような経験をつんできたかに関して多くの質問がなされます。

さらに、機関士の有資格者として乗船した船の総トン数、出力ワット数、航行区分、乗船期間等が審査の対象となります。

試験官となるのは、船長もしくは機関長を経験した上級職務者であることがほとんどです。

どの試験官とあたるかによって質疑内容は大きく異なるため、機関士としてどのように職務をまっとうしてきたのかについて、さまざまな角度から自己分析しておくことをおすすめします。