国際公務員の資格、英語力

国際公務員に資格は必要?

国際公務員になるために、基本的に資格というものは必要ありません。

医師のように、特定の免許がなくては仕事ができないというわけではなく、公募への応募や国連が実施する試験、外務省の派遣制度などを利用して、合格すれば、国際公務員として働けるチャンスを手にすることができます。

しかしながら、国際公務員として国際的な課題に向き合っていくためには、各専門分野におけるハイレベルな知識や経験、学歴などが求められてきます。

また、すべての国際公務員に共通して必要とされるのが、英語を中心とする外国語の能力です。

応募条件として資格が掲げられているわけではありませんが、語学力は必要不可欠になります。

どれくらいの英語力が必要?

国際公務員は、常用語として英語とフランス語を用いて仕事をすることになります。

英語力については、下記程度のレベルが推奨されています。

・TOEIC:860点以上
・国際連合公用語英語検定試験:特A級
・TOEFL iBT:100点以上

国際機関では、ある事柄について文書で細かくやりとりすることも多いために、リスニングやスピーキングはもちろん、リーディングやライティングについても高いレベルを備えておくことが大事です。

世界的な時事問題を英語で理解するためにも、『ニューヨーク・タイムズ紙』などを日ごろから読んでおくことも良いとされています。

英語以外の語学スキル

国際公務員として働くには、フランス語も使えるようになる必要があります。

さらに、ロシア語、スペイン語、中国語なども使えると有利になるでしょう。

実際には現場で英語を用いることが多いようですが、加えてフランス語、そしてそれ以外にもビジネスレベル以上の語学力を備えている職員がほとんどだそうです。

ただし、語学力はあくまでも他国籍の人と一緒に業務を遂行するために必要なツールであり、語学力だけではなく、各分野における高い専門性が求められます。