獣医師のつらいこと、大変なこと

思い通りにいかないことは日常茶飯事

動物は、人間のように言葉を話したり、聞いたりすることができません。獣医師は、そのような動物を毎日相手にするのですから、とても大変な仕事です。

たとえば、「様子がおかしい」と動物病院へ飼い主がペットを連れて来ても、自分で「ここが痛い」と言えない動物の異常の状態を見つけ出すのは容易ではありません。

また、適切な治療を行おうとしても、何をされるかわからない動物たちは、怖がって暴れたり噛みついたりします。

また、小型の犬や猫ならともかく、大きな馬や牛などと接する獣医師の場合は、下手をすれば自分が大けがしてしまう可能性もあるため、慎重に進めなくてはなりません。

人間相手であれば、「これからこういう治療をします」と丁寧に説明することで簡単に治療が済むことでも、動物を相手にする場合は、毎回ものすごい根気と体力、精神力が求められるのです。

動物の死に直面する

動物医療の世界は日進月歩。新しい治療法や医療機器が生まれ、昔に比べれば動物もずいぶんと長生きできるようになりました。

とはいえ、人間と同様、命あるものにはいつか最期が訪れます。獣医師がどれだけ懸命に治療を行っても、残念ながら助からないこともあります。

そのような時、「あの時こうしていれば良かったのかも…」と考え、自分を責めてしまいそうになることがあります。何度経験しても、動物の死はつらいものです。

また、大切にしていたペットを失った飼い主の心のケアも、獣医師の大変な部分の一つです。

飼い主が泣き叫ぶ姿を目の当たりにすると、決して自分が悪いわけではないとわかっていても、ひどくつらい気持ちになり、自分まで落ち込んでしまいそうになることがあります。

動物病院で臨床にあたる獣医師の場合、緊急手術で休みがつぶれてしまったり、時間外診療で帰宅時間が遅くなったりする日も多く、そのような面で大変だと感じることがあります。

しかし、それ以上に精神的なプレッシャーのほうが大変だと感じる日が来るかもしれません。

獣医師とは、こういった面まで受け止め、真剣に動物の命と向き合っていく覚悟が求められる仕事です。