医療事務の仕事内容

医療事務とは、病院やクリニックで、医療に関わる事務や経理を行う人のことをいいます。

医療に関する専門的な知識が求められるため、同じ事務の仕事でも、一般事務とは別に「医療事務」という呼ばれ方をします。

勤務先によって医療事務はさまざまな仕事を任されますが、おもな業務は下記の通りです。

受付窓口業務

「病院の顔」として患者さんに対応します。診療申込書を書いてもらったり、保険証や診察券を確認したり、診察日の予約確認などを行います。

診察が終わった後は、処方箋について簡単な説明をし、診察料を患者さんから徴収します。

また、入院施設を備えている病院においては「病棟クラーク業務」というものがあり、入院する患者さんと医師、看護師とのつなぎ役をこなします。

入院の手続きを行うものも医療事務の仕事です。

レセプト作成業務

レセプトとは「診療報酬明細書」のことで、医療保険制度に基づき、患者さんの医療費を計算する仕事です。合計の診療費のうち、患者さんが負担する金額を計算します。

医療費は点数で表され、健康保険の適用額も点数に応じて変わってきます。それらの計算をするために、医療事務が患者のカルテを見ながら、コンピューターにデータを入力し、診療費を算出します。

レセプト作成時にはカルテの内容も理解しなければならないため、医療事務の仕事のなかで最も専門的な業務となります。

患者さんとのコミュニケーションが重要

一般的に「事務」というと、パソコンに向かって黙々と作業をする姿をイメージする人が多いかもしれませんが、医療事務は患者さんと接することがとても多い仕事です。

保険証の受け渡しや会計など、ただ機械的にやりとりをするのではなく、たとえば患者さんが帰る際には「お大事に」の声をかけてあげる。そうした心遣いがとても大切です。

また、医療事務はときに入院患者さんの入院・退院の手続きや、診察内容の入力作業といったように、看護師を助ける仕事も多く手掛けます。他の医療スタッフとのコミュニケーションも大切です。

自分次第でスキルアップできる

医療事務は、資格を取得することによって仕事のフィールドを広げ、収入がアップすることもあります。

医療事務の資格には、「診療報酬請求事務能力認定試験」や「医療事務技能審査試験」などのメジャーな資格のほかに、「医療保険調剤報酬事務士」などの個々の業務に関連した資格もあります。

自分の勤務先の状況や希望に応じて、医療事務はスキルを身に付けることができるため、スキルを生かしながら長く働ける仕事として人気があります。

仕事体験談