放送作家になるには

放送作家に必要な能力

放送作家になるために、学歴や資格は必要ありません。特に決まったルートがあるわけではなく、現在活躍している放送作家の経歴もさまざまです。

放送作家に必要な能力は、台本を書くための「日本語力や文章力」と、企画を考えるための「発想力や知識の豊富さ」だと言えます。

学歴はそこまで問われることはありませんが、これらをしっかりと身につけるために、大学や専門学校で学んでいる人が多いようです。発想力を高めるには、日頃からさまざまなことに興味を持ち、自分なりのアイディアを出す訓練が必要でしょう。

放送の専門学校では、番組制作や演出、企画の出し方、台本書きの基礎などについて学ぶことができます。放送作家の養成スクールで学び、コネクションをつくって仕事をもらったり、制作会社のアルバイトから才能を見出されて放送作家になる人もいます。

テレビ局に入社すべき?

テレビディレクターを目指すのであれば、大学を出てテレビ局の採用試験を受けるのが一般的です。しかし、放送作家を目指す場合は、必ずしもテレビ局に入る必要はありません。

「放送作家になる道のりは100人いれば100通りある」と言われるほどで、制作会社のADになって業界にコネを作り転身する人もいれば、コツコツと企画を書き上げて、制作会社に持ち込んでデビューする人もいるそうです。

また、脚本家や芸人など、同じ業界の職業から転身して放送作家として成功している人もいます。

放送作家の弟子になる

すでに第一線で活躍している放送作家に弟子入りする人もいます。特にバラエティの世界では、大御所作家の事務所に若手作家が所属していることが多いようです。

とにかく「面白い」ことが重視されるジャンルなので、発想の斬新さや熱意があれば、弟子にしてもらえる可能性もあるでしょう。

「ハガキ職人」になる

ラジオ番組を聴いたことがある人はおわかりだと思いますが、ラジオ番組では、番組構成においてリスナーから届くハガキがとても重要な役割を担っています。また、しょっちゅうハガキが読まれる常連さん、いわゆる「ハガキ職人」と言われる人たちがいるのも特徴です。

もし番組のディレクターが「このハガキ職人は面白い!」と感じると、「何か面白い企画ない?」と声をかけることがあるそうです。そこでもし面白い企画が出せれば、定期的に使ってもらえるようになります。

このように、リスナー側からいつの間にか放送作家になったという事例は過去にいくつもあります。

放送作家の今後

ケーブルテレビなどによる多チャンネル化や、インターネットでの番組配信などによってテレビの番組数が増えたため、放送作家の需要は増えています。

一方で、テレビ、ラジオ業界の広告収入が減っているという状況もあるため、単価が下がっていくことも考えられます。自分が得意とするオリジナルのジャンルを持っていると、業界内で必要とされることが多くなるでしょう。