ホテルスタッフへの転職

異業種からの転職

異業種からホテルスタッフへ転職する人は、わりと多いと言われています。たしかにホテルスタッフの仕事は専門的なものですが、別のサービス業(飲食や販売など)に就いていた場合、そのスキルを活かすことも充分できると考えられます。

ただし、まったくサービス業の経験がない人の場合、遅くとも30代の前半までの転職でなければ、年齢的に少々難しくなってくるようです。スキルアップには現場経験が必要になるため、若いほど良いと考えられている部分も大きいです。

異業種からホテルスタッフへの転職を考える場合は、働きながら夜間の専門学校に通い、ホテルに関する基礎知識やマナーを勉強している人がほとんどのようです。

別のホテルへの転職

よりステップアップを目指して、それまで働いていたホテルから別のホテルへと転職する人もいます。ホテルの仕事に必要なサービスの基本はすでに身に付いているため、転職はしやすいと言えるでしょう。

それまでのポジションや能力に応じて、配属先などが決められることが多いようです。

転職を考える場合には、英語力の高さやアピールできる資格(ホテル実務技能認定検定など)を持っていると、有利になるケースが多いです。ホテルの求人(中途採用)を探す場合には、各ホテルのホームページに内の採用情報、もしくは求人サイトを利用すると良いでしょう。