ホテルスタッフになるための学校・スクール

ホテルスタッフになるための学校やスクールは、おもに大学と専門学校の二種類に分けられます。それぞれの特徴や、メリット・デメリットについて見ていきましょう。

四年制大学・短期大学

大学には「観光学部、観光学科」と名のついた学部や学科を置くところがありますが、このような学部に在籍している大学生でも、ホテル業界への就職は専門学校生以上に厳しいと言われています。

その大きな理由として、ホテルの専門学校の場合は各ホテルと密接な連携をとっているため、求人数がダントツに多いことなどが挙げられます。

さらに、ホテルスタッフは“大卒”という学歴よりも「人物重視」の採用をすることが多く、専門学校でホテルスタッフに必要なマナーや基礎知識を叩き込まれている学生を優先的に採用したい、と考えるホテルもあるようです。

ただし大学の場合、万が一進路変更を考える場合に対応しやすいことや、幅広い一般常識を身につけられるなどのメリットもあります。さらに、将来的に営業や広報など管理系の仕事に携わるのは大卒のスタッフ中心、としているホテルもあるようです。

専門学校

ホテルの専門学校では、ホテルの歴史や経営、マーケティングなどの理論を学ぶほか、サービス技法について専門的に学ぶことができます。さらに、在学中にホテルの仕事ができるホテル実習など、より実践的で専門学校ならではの特色あるカリキュラムが組まれている学校が多いです。

ホテルから求人情報が直接くることが多いため、単純にホテルへの就職を目指すのならば、専門学校のほうが可能性は高いと言えそうです。在学期間は2年制をとっているところが多く、アルバイトなどと両立しながら通える夜間部を設置する学校もあります。

学校によって特色は異なるため、しっかりと学校見学をしてから選ぶことをオススメします。