秘書への転職

転職者は多い

他職種から秘書になる人は割と多くいます。たとえば、企業の受付や一般事務、営業事務などをやっていた人であれば、基本的なビジネスの進め方や文書作成の方法などが身に付いているため、秘書を目指すことも可能です。

病院の医局秘書や弁護士事務所など専門職の秘書から企業の秘書になる人もいますが、働く場によって仕事の進め方はまったく異なる場合もあるようです。

求人に関しては秘書業務経験者を対象とする企業も多く、未経験者の募集はそう多くありませんが、20代半ば〜後半くらいまでの年齢であればOKというところもあります。

また、あまり規模の大きくない企業では秘書が総務や経理の仕事を兼ねることもあるため、これらの仕事をしていた経験がある人は、秘書未経験でも優遇される場合があります。

転職に有利なスキルは?

一般的に秘書に必要だとされる、情報処理能力(パソコンの扱い含む)や語学力、きちんとしたマナーや言葉遣いが身に付いていること、接遇力などがあると、秘書として転職しやすくなるでしょう。

しかし、経歴以外にスキルを客観的に証明できるものがないとどの程度の実力があるのかの判断が難しいため、秘書検定など秘書に関わる資格を所持しているほうが有利になります。

外資系企業や英語を多く使う企業の秘書では、CBS(国際秘書検定)を持っていることが大きく有利になるようです。もちろん、TOEICや漢字検定、日本語ワープロ検定なども、秘書業務に役立つスキルとして積極的にアピールすることができます。

仕事体験談