花屋の給料・年収

社員の場合

花屋の月給は18万程度〜、年収で350万〜400万程度と言われます。花屋の給料はあまり高くないというのはよく知られているのですが、その大きな理由のひとつとして、花屋が「利益を出すのが難しい職業」ということが挙げられます。

季節によって売上の増減がとても大きく、地域によっても変わってきます。生鮮品のため、どうしてもロスが出やすいこともあります。

アルバイトの場合

時給制で働くアルバイトの給料も、ほかの仕事と比較すると安い場合が多いです。東京都で時給800円〜900円程度、地方では750円以下のお店も少なくないそうです。

長年勤めているうちに時給アップが望めることもありますが、それでも決して「高時給」とは言えないのが実情です。

開業後数年は赤字覚悟で

自分で開業し成功すれば、会社員として花屋に勤めるよりも収入が増えるでしょう。特に、花の需要があるイベント時期は売上が大きい分、収入もアップします。

しかしその反面、閑散期になると繁忙期の半分以下の売上になってしまうお店もあるようです。「いつ、どんな花がどれだけ売れるのか?」という感覚は、経験によって身についていくものなのです。

また、ある程度固定のお客さんがつくまでは、大きな儲けを出すのは非常に難しいと言えます。

「花が好き」な気持ちが一番大切

このように、花屋としてお金をたくさん稼ぐのはとても難しいと言えます。それでも花屋を続けていくためには、やはり「何よりも花が好き」な気持ちが必要です。

朝は早く、冬は冷たい水を扱わなければならず、トゲなどで手が荒れることも多いなど、決して肉体的にも楽ではありません。お金を一番に考えてしまうと、ツライとしか思えなくなってしまうかもしれません。

しかし、お客さんの喜ぶ顔が間近で見られ「ありがとう」と言ってもらえるのがこの仕事。花が大好きで、どんなときでも花を見れば笑顔になれるのであれば、きっと天職と思えるはずです。