フラワーコーディネーターに向いている人、適性

植物を愛している人

フラワーコーディネーターとして働くためには、植物に関する幅広い知識が必要です。

ひとつひとつの花が咲く時期や咲き方だけではなく、その花の歴史や花言葉を知っていなければ冠婚葬祭の際に最適な花を選ぶことができません。

また、長持ちさせるために茎や葉をどのように扱うのか、仕入れの際に何に注意すればよいのかというスキルを身につけることも大切です。

「美しい花のそばで働きたい」という気持ちだけではなく、「植物のことを何でも勉強したい」「植物に関するプロフェッショナルになりたい!」と思うくらい植物に対して深い愛情がある人に向いている仕事です。

優れたセンスを持っている人

美しい花束を作るためには、抜群の色彩感覚が欠かせません。

クライアントの多くが「女性向けの柔らかい雰囲気のものを」「夏らしい元気なイメージで」「ピンクを基調にしてください」というように、大まかなイメージだけで注文をしてきます。

そのイメージに合う形で、どの色の花をどんなふうに組み合わせるかということに関しては、フラワーコーディネーターに託されることになるのです。

優れたセンスを持っている人ならば、実力を思いきり発揮できるでしょう。

細やかな気配りができる人

フラワーコーディネーターに注文が入る「特別な花」が必要なシーンというのは、お祝いごとであったりお葬式や法事であったりという「特別な日」であることが多いのです。

クライアントのその一日にかける想いを丁寧に聞き出して花へのイメージを共有することで、より良い演出ができるようになります。

相手の気持ちを尊重し、細やかな気配りができる人のほうが、活躍のチャンスが多くなります。