動物飼育員の勤務時間・休日

勤務時間

動物園などの施設で働く動物飼育員は、基本的に各施設の開園時間に合わせて働くことになります。基本的なパターンとしては8時半から17時や17時半頃までの勤務で、勤務時間中に1時間程度の休憩が入ります。

トラブルがなければ残業はあまり多くありませんが、動物が体調を崩した場合や出産時、またイベント準備などがあれば、遅くまで残って仕事をすることもあります。

動物はいつ異変を起こすかわからないため、この仕事に就く以上、急な残業が発生する可能性は覚悟しておく必要があるでしょう。

休日

基本的には週休2日制で、平日に休みをとることが一般的です。

動物園やサファリパークが最も忙しくなるのは土日祝日と、夏休みやゴールデンウィークなどの行楽シーズン。

この時期は大勢のお客さまがやってくるため、動物飼育員も休みをとらずに出勤したり、連日忙しく過ごすことが多くなります。

平常時の休日に関しては、「Aさんは水曜日休み、Bさんは木曜日休み」といったように固定されている職場もあれば、完全シフト制をとっている職場もあります。

繁忙期を除けば、有給休暇などは他のスタッフと調整して比較的とりやすい職場が多いようです。

日ごろの業務では体力を使うことが多いため、しっかりと休日をとってリフレッシュすることも大切です。

なお、多くの動物園では週に1日程度の休園日を設けているほか、年末年始なども休園日としているところがほとんどです。

ただし、動物は365日生活しているため、餌やりや清掃、また異常事態に備え、交代でいずれかのスタッフがいるようにしています。