ドッグトレーナー(犬の訓練士)の仕事内容

家庭で飼われる犬のしつけをする

ドッグトレーナーは、飼い犬のしつけをする仕事です。人々が自宅で「ペット」として飼う犬に対して、トイレ・散歩・留守番などのマナーを教え、人と犬が一緒に楽しく暮らしていけるように指導していきます。

なお、警察犬や盲導犬といった、いわゆる「使役犬」に対して特殊な訓練をする職業は、普通「犬の訓練士」と呼ばれます。

両者を混同して使われる場合もありますが、ここではドッグトレーナーは基本的に「飼い犬に対してしつけを行う仕事」として説明しています。

また、ドッグトレーナーは、飼い主に対してのアドバイスも行います。いくらドッグトレーナーがしつけをしたとしても、その後、飼い主と犬の関係がうまくいかなければ、しつけの効果も半減してしまうからです。

このように、ドッグトレーナーは「自分で犬をしつけること」と、「飼い主が上手に犬をしつけることができるようにアドバイスすること」の2つの役割を持っています。

ドッグトレーナーの仕事の流れ

ドッグトレーナーの仕事は、飼い主からの依頼で始まります。

どんな問題行動のある犬なのか?
飼い主はどこまでのしつけを期待しているのか?
飼い主と犬の関係性は?

など、事前に犬の状態を把握します。

その後、問題行動をなくすためにさまざまな方法を用いて犬をしつけていきます。たとえ同じ犬種の犬であっても、一匹ごとに個性があるため、しつけの仕方も犬の特徴によって変えます。

飼い犬を飼い主の元へ返す際には、どういったしつけをしたら有効かなどを、飼い主に対して丁寧にアドバイスします。

ドッグトレーナーの職場

ドッグトレーナーは大きく分けて、企業などに勤務して働く人と、独立して働く人の2通りいます。

勤務先としては、ドッグトレーニングを行うペット会社、ドッグランのスタッフ、しつけ教室を行うペットショップ、ショッピングセンターなどさまざまあります。

犬の訓練士の場合は、警察犬を指導する警察犬学校、盲導犬協会などが挙げられます。

経験や知識を身に付ければ独立することも可能です。フリーランスとしてお客さまを集めて犬のしつけを行ったり、自分でしつけ教室を経営する人もいます。