ドッグトレーナーに向いている人

犬や人間とコミュニケーションをとるのが好き

「犬が大好き」という人は、ドッグトレーナーに向いているといえます。

ドッグトレーナーは1日の大半を犬と一緒に過ごすため、犬が嫌いな人では、なかなか務まりません。

ただし、仕事では多種多様な犬と接することになるため、特定の犬種だけでなく、どのような犬に対しても平等に愛情を注がなくてはなりません。

そして、ただ犬を可愛がるだけではなく、使命感と責任感を持って犬と深く向き合っていける人が、ドッグトレーナーの適性があるといえます。

人とのコミュニケーションも大事にできる

一方、ドッグトレーナーは「人とのコミュニケーション」もしなくてはなりません。

なぜなら、飼い主の抱えている悩みをしっかりとヒアリングしたり、犬のしつけに関して適切なアドバイスをしてあげることも、ドッグトレーナーの大事な役目だからです。

とはいえ、現時点であまりコミュニケーション力に自信がない人でも心配はいりません。

日ごろから、積極的に人と関わりを持つようにしていき、相手の話をきちんと聞けるようにしておくことが大切です。

また、意欲さえあれば、実際に仕事をしながらコミュニケーションスキルを高めることも十分可能です。

根気強さ、体力、行動力

ドッグトレーナーには「根気強さ」「体力」「行動力」も欠かせません。

ドッグトレーナーは、まだきちんとしたしつけができていなかったり、マナーがわからない犬を相手にします。

思い通りに犬が動かないこともしょっちゅうあります。

しかし、そこですぐ嫌になって諦めてしまったり、感情に任せて叱ってしまうようでは、正しく犬をしつけることはできませんからトレーナー失格といえます。

何度も訓練を重ね、根気よく犬にわからせていくことが大切です。

また、訓練中は身体を動かす機会が多くあるため、体力もできるだけあるほうがよいでしょう。

とくに大型犬は力が強く、訓練内容によっては相当ハードなものになることもあります。

そして、犬だけでなく飼い主と良い関係性を築くためにも、自分から積極的に動いていこくとする行動力やフットワークは欠かせません。

飼い主との関係がうまくいかないと、犬のしつけもなかなか進まないものです。

犬と飼い主それぞれと積極的にコミュニケーションをとって、信頼関係を結んでいける人が、ドッグトレーナーには向いています。