ドッグトレーナー(犬の訓練士)の活躍の場

ドッグトレーナーの活躍の場

ドッグトレーナーにはさまざまな活躍の場があります。犬のしつけ教室のほか、しつけのサービスを提供するペットショップやトリミングサロン、動物病院などが代表的な職場となります。

また、この仕事は知識や経験を積んだら独立して働く人も多く、自らしつけ教室を経営したり、お客さまの自宅へ出向いてしつけを行うといった例もあります。

犬の訓練士の活躍の場

一方、犬の訓練士として働く場合は、警察犬訓練所や盲導犬訓練所などを運営する協会・団体に所属することが基本となります。

それぞれの入所試験を受け、適性や意欲があると認められれば、見習から経験を積んでいくことになります。

別の道としては、公務員採用試験を受けて警察や税関の職員となり、警察犬や麻薬探知犬などの訓練業務を担う人もいます。

ただし、これらの場にはさまざまな職種があり、必ずしも犬を扱う部署に配属されるとは限りません。

スキルがあれば活躍の場は広がる

ドッグトレーナーを目指す場合、未経験でもアルバイトなどから現場に入って仕事を覚えていく人もいますが、先に動物関連の専門学校に通って知識や技術を学ぶ人も多くいます。

正社員としての就職や待遇の状況は厳しいものの、スキルありきの仕事であるため、腕があれば「独立する」という選択肢はもちろんのこと、就職先の幅も広がるといえます。

たとえば、最近は老人福祉施設において、リハビリテーションの一貫として「ドッグセラピー」を積極的に取り入れるところが増えています。

ペットブームは引き続き安定の波に乗っており、犬と人間がともに過ごす場所も拡大しているため、ドッグトレーナーの考えやアイデア次第で、自らの持つ知識や技術が生かせる機会は多くなっていくと考えられます。