ドッグトレーナーと犬の訓練士の違い

犬のしつけを行う「ドッグトレーナー」。一方、世間では同じく犬に対してさまざまな訓練を行う「犬の訓練士」という職業も認知されています。

どちらも似たようなものに思えますが、ここでは両者にどのような違いがあるのか紹介します。

相手にするのは家庭犬?使役犬?

「ドッグトレーナー」と「犬の訓練士」が分けて使われる場合、前者は基本的にペットとして家庭で飼われる犬のしつけを行う職業のことを指しています。

無駄吠えをなくしたり、人間への噛みつきを防いだり、トイレや散歩のルールを理解させるなど、犬が人間と一緒に楽しく生きていくために、日常生活のさまざまなマナーを指導する役割を担うのがドッグトレーナー。

ペットの「飼い主」から依頼を受けて、仕事に臨みます。

一方、「犬の訓練士」の場合はどうでしょうか。こちらは、警察犬や災害救助犬、盲導犬、麻薬探知犬などの「使役犬」といわれる犬に対して訓練を行う職業です。

使役犬は「仕事」をする必要があります。ですから、訓練士はマナーを指導するのではなく、犬への命令に対して行動が身に付くまで練習させ、仕事を覚えさせる役割を行います。

この場合、訓練士と犬は会社でいう「上司と部下」のような関係を築いていきます。

同じ意味で使われることも多い

このように、ドッグトレーナーと犬の訓練士は本来、対象とする犬も仕事の目的も異なっています。

ただし、最近では「ドッグトレーナー」がペットのしつけを行うだけでなく、使役犬の訓練を行う仕事をする人のことも総称して使われることがあります。

たとえば、動物の専門学校で「ドッグトレーナー科」という名前が付いているところがあります。

ここでは、ペットのしつけを行うドッグトレーナーを目指せるだけでなく、警察犬や盲導犬の訓練士を目指すための知識を身に付けることも可能となっています。

非常に紛らわしいところがありますが、これから「ドッグトレーナー」と聞いた時は名称だけにこだわらず、具体的にどのような仕事内容なのかまで確認して判断していくとよいでしょう。