電車運転士の仕事内容

運転の基本は「安全・正確・快適」 電車運転士は、列車を運転して、乗客を安全に目的地まで連れて行くことです。 電車運転士は人々の交通手段として欠かせない電車を運転するプロですが、この仕事の基本として常に忘れてはならないのは … 続きを読む

電車運転士になるには

現場職は高卒者が中心 電車運転士になるには、鉄道会社の「鉄道現業職」採用試験を受験し、社員として採用される必要があります。ですが、鉄道会社からの求人情報は「指定校制」として、過去に採用実績のある高校にくることがほとんどで … 続きを読む

電車運転士の役割

安全に対する高い意識が必須 安全第一で運行する日本の電車ですが、残念ながら過去には運転士の速度超過による痛ましい事故も発生しています。このような過ちは絶対に繰り返してはなりません。 そのため、いくら優れた車両や運転を制御 … 続きを読む

電車運転士の魅力

公共性の高い仕事 電車の利用者数が頭打ちとなり、赤字に苦しむ鉄道会社も少なくない中、各社とも独自のサービスで特色を打ち出そうとしています。 しかし、「電車」という交通手段そのものは昔も今もとても公共性の高いものであり、電 … 続きを読む

電車運転士の1日

1日の流れ 電車運転士は「泊まり」「明け」「日勤」「休み」を繰り返しながら働いており、休憩や仮眠を挟みながら丸一日働く場合や、朝から夕方まで働く場合、早朝からお昼過ぎまで働く場合など、日によって勤務時間は異なります。 こ … 続きを読む

電車運転士の現状と将来性

若手の育成が急務 団塊の世代の電車運転士が大量に退職し、運転士は全体的に不足していますが、その育成には多大な費用と年数がかかるため、各社ともすでに経験のある運転士を募集する機会も増えています。 しかしながら、定年のことを … 続きを読む