ブリーダーの求人・採用募集状況

まずはスキルを身につけること

継続して盛り上がりを見せるペット業界を支えるブリーダー。良い血統を持った動物の繁殖を行い、飼い主となる人に元気な動物を譲り渡していくブリーダーの存在に、ますます注目が集まっています。

しかし、ブリーダーは知識も経験も必要となるため、思い立ったらすぐになれるような職業ではありません。

動物に関する確かな知識を身に付け、経験を積まなければ、かけがえのない動物の命を疎かにしてしまう可能性もあります。

逆にいえば、腕さえあればいつでも独立し、トップブリーダーを目指していくことが可能です。まずは確かなスキルを身に付けることから考えていきましょう。

トップブリーダーのアシスタントになる

ブリーダーは個人で仕事を行う人も多数いますし、ブリーディング業を営む企業で働く人もいます。

知識や経験のない人がブリーダーを目指していくのであれば、まずは現場に入って仕事を覚えていくことが最も近道となるでしょう。

企業に勤める場合、「研修生」や「サポートスタッフ」としてスタートすることが多いようです。未経験者を受け入れてくれるところもあれば、動物専門学校卒業生を対象としていることもあります。

トリマーの勉強をしていると有利になる場合があるようです。

また、個人で働くトップブリーダーのアシスタントとなり、仕事を覚える方法もあります。

募集数はさほど多くなく、またいつ募集が出されるかは未知数ですが、信頼できる確かな腕を持ったブリーダーを見つければ、独立のノウハウまで教えてもらえるかもしれません。

応募する際に気を付けること

いずれにせよ、ブリーダーの募集はあまり目立つものではありません。インターネットなどで、ブリーディングを行う企業や個人の採用募集を地道に探していく方法が中心になります。

ただし、中にはまさに「生産工場」のような雰囲気で、動物をないがしろに扱い、育てているところもあるようです。

応募する際には、対象となる個人ブリーダーや企業がきちんとした動物愛護精神を持っているのかどうか、しっかりと見極めましょう。