仕事体験談

丁寧に話を聞くことが大事

回答者 : まじょりんさん(女性/33歳)

職業名 : 受付・電話交換現在の状態 : 経験者経験年数 : 5年

仕事内容
派遣会社に登録をした後、官公庁関係の場所に派遣されて受付と電話交換の両方をしていました。

就職したきっかけは、短大時代、就職活動中に「こういう仕事がある」と先生に教えてもらったことです。

派遣会社のことも、官公庁関連の場所も両方短大卒業の私にとって未経験でしたが、面白そうだと思い面接をして無事に合格しました。
仕事のやりがい
自分が勤めている官公庁にどのような部署があるかなど、さまざまなことを短期間で覚えなければならなかったのはとても大変でした。

また、今まで使ったことがない丁寧な言葉づかいを使いこなせるようにすることも苦労しました。

ですが、電話交換や受付で案内をした後にたくさんの方から「ありがとう」と笑顔でお礼を言われたとき、努力して本当によかったと嬉しくなりました。
覚悟しておいた方がいいこと
電話交換と受付という立場からクレームが真っ先に来るのがここということは覚悟しておいた方がいいと思います。

丁寧に話を聞き、その内容にふさわしい場所に案内をしなければなりません。

なかにはどうすればいいのか分からない理不尽なクレームが来ることもあります。
給料・待遇
私は19歳で就職をして約5年そこに勤めました。

時給780円で月収は月々約12万円です。

そこから保険等が引かれて手取りは約10万円です。

年収は120万円前後でした。

官公庁が休みのときは休みで残業もなく、福利厚生はしっかりしていたので待遇はかなりよかったです。
この職業の恋愛・結婚事情
派遣会社に登録はしていましたが、そこは女性のみ登録できる場所だった上に社員の方も女性だけだったので、派遣会社の中で出会いはありませんでした。

恋愛に関することは私の勤めていた派遣会社からはいろいろ言われませんでした。

私は当時恋愛に興味がありませんでしたが、派遣された官公庁の場所は老若男女いろいろな人が働いていましたし、いろいろな人が訪ねて来るので私の同僚でいい人を見つけて付き合っている人はいました。
この職業を目指す人へのメッセージ
派遣会社ではいろいろな働き方を選ぶことができるので、就職をどうしようか悩んでいたり、働き方にこだわりたい人は登録をすることをおすすめします。

私も登録をして官公庁の受付と電話交換というなかなか経験することができない仕事をさせていただきました。

もちろん、苦労はたくさんありましたがそれ以上に多くの人に助けられ、とても充実した時間をすごすことができました。