ツアーコンダクターの働き方の種類・雇用形態

ツアーコンダクターの雇用形態

ツアーコンダクターとして働くには、旅行会社の正社員としてツアーに添乗する方法と、ツアーコンダクター専門の派遣会社に登録し、案件ごとに請け負う方法のふたつが最も多いケースです。

旅行会社の正社員の場合、その会社が企画したツアーから自動的に割り当てられ、そのツアーを担当するという流れになります。

一方、派遣で働く場合、派遣会社から紹介を受けてツアーを請け負うわけですが、催行企業は一社とは限りませんので、状況によって様々な企業のさまざまな企画を担当することになります。

その他、旅行会社がアルバイトのツアーコンダクターを募集することもあるので、それに応募して働くこともあります。

アルバイトの場合、単発で1つのツアーだけを任されることもあれば、継続して何度か添乗することもあるようです。

正社員のツアーコンダクター

正社員としてツアーコンダクターになるには、旅行会社に就職する必要があります。

入社後は社内や社外での研修をうけ、先輩ツアーコンダクターについて実務研修を行い、「旅程管理主任者」の資格を取得後、ひとりでの添乗デビュー、という流れになります。

正社員として働くメリットとして大きいものは、雇用と収入が安定しているという点です。

仕事が少ない時期だから今月は収入が激減、ということがないのは、派遣やアルバイトとの大きな違いと言えるでしょう。

しかし、残念ながら、近年はツアーコンダクターを外注化する旅行会社が増えています。

あるいは、自社のツアーコンダクターはいるものの、新規採用に積極的でないというケースもあります。

そのため、正社員の採用は年々狭き門となってきています。

とはいえ求人はゼロではないので、どうしても正社員を希望する場合は企業をあまり絞らず探してみることをおすすめします。

あるいは、一旦別の職種で入社し、その後経験を積んでから異動の希望を出すという方法もあります。

派遣のツアーコンダクター

派遣のツアーコンダクターの場合は、ツアーコンダクター専門の派遣会社に登録するケースがほとんどです。

元々は既に資格を取得し、実務経験もある人材が登録し、即戦力として派遣されるというモデルの会社が多かったようですが、近年は旅行会社からの人材ニーズが増したことで、未経験可としている会社が増えました。

未経験可の場合、ツアーコンダクターとして登録後、所定の研修を受けて資格を取得し、働き始めることになります。

派遣会社であっても、未経験採用を行っている場合は実務に向けた研修やサポート制度が充実しているケースも多く、安心して働ける環境が整いつつあるようです。

ただし、正社員に比べて収入面で安定しないというデメリットもあります。

派遣社員の給与は日給制のことがほとんどですが、その水準は国内添乗で10,000円前後、海外添乗の場合はその内容により8,000〜25,000円程度が相場となっているようです。

その月の収入は請け負うツアーの数に大きく左右されますから、ツアーが多い月は収入も多いけれど、少ない月は生活が苦しい…という具合になる可能性もなくはありません。

一方で、派遣として個人で働くということは、実績や評価は全て自分のものになるということです。

参加者やクライアントから高評価を得ることができれば、単価を上げることもできます。

実際、人気のツアーコンダクターの場合、正社員で働く場合よりもはるかに高額の報酬を得ているというケースも少なくないようです。

アルバイト・パートのツアーコンダクター

件数としてあまり多くはありませんが、ツアーコンダクターのアルバイト求人が出ることもあります。

この場合は、派遣会社ではなく旅行会社のアルバイトとして働くことになります。

多くの場合、報酬は時給ではなく日給で支払われることになります。

アルバイトのツアーコンダクターの働き方は多様で、1件だけの依頼のこともあれば、数ヶ月〜年単位で継続して仕事を受けることもあるようです。

アルバイトの場合は、正社員や派遣社員とは異なり、資格の取得サポートはないことがほとんどです。

そのため、ひとりで添乗するためには既に旅程管理主任者の資格を取得している必要があります。