鍼灸師の勤務先と仕事内容の違い

整体師の仕事内容は、基本的には鍼灸院で患者さんの不調を緩和することですが、勤務先によってその仕事内容は変わります。

本記事では、鍼灸師の勤務先ごとの仕事内容の違いを紹介します。

鍼灸師の勤務先・働き方の種類

鍼灸師の養成学校を卒業し、針灸師の国家資格を取得すると、鍼灸治療を専門的に行う針灸院や針灸治療院に勤める人が多いようです。

また、特定の治療院には勤務せず、患者宅や施設などに出向いて治療を行う訪問鍼灸師として働く人もいます。

鍼灸師の活躍の場にはさまざまな分野があるため、一度鍼灸師として経験を積んだ後は、自分の得意とする分野や興味のある分野へと活動をうつす人が多いです。

将来的には独立開業を目指す人も多く、経験を積んだりスキルを身に付けたりしたあとは自分で治療院を開くという人も少なくありません。

鍼灸師の仕事内容

病院で働く鍼灸師

鍼灸は本来東洋医学の分野ですが、現代医学と連携を図りながら病院で活躍する鍼灸師もいます。

整形外科のリハビリや、内科や神経内科などの疾患の治療に鍼灸を取り入れている病院で患者の症状を和らげるべく鍼灸を行うのが主な仕事です。

患者さんの症状に応じて、医師や看護師などの医療関係者と協力しながら適切な治療します。

スポーツトレーナーとして働く鍼灸師

鍼灸治療を行うスポーツトレーナーとして、スポーツ選手やアスリートのサポートに携わることも可能です。

スポーツ選手やアスリートがケガから復帰するためのリハビリテーション・疲労回復・コンディション調整などにも鍼灸が用いられるようになりました。

スポーツトレーナーとして働く人の中には、鍼灸師や柔道整復師の資格を持つ人も少なくありません。

鍼灸では薬の内服をしないため、「ドーピング」の心配がないという点も、スポーツの分野で鍼灸治療が好まれている理由のひとつです。

ただし、競争率は高く、人数はそれほど多くありません。

介護施設で働く鍼灸師

副作用のない鍼灸治療は、リハビリが必要な高齢者の身体にとって負担が少ないものです。

そのため、近年は高齢者向け介護施設では鍼灸治療が行える人の需要が高まり、介護施設で働いたりケアマネージャーとして働いたりする鍼灸師も増加しています。

美容サロンで働く鍼灸師

最近では美容鍼灸として、女性向けのエステサロンやリラクゼーションサロンなどでも針灸師のニーズが増加しています。

鍼灸は、顔のたるみやしわ・むくみ・肌荒れを改善させたり、ホルモンバランスを整えたりすることができます。

こうした効果が注目され、近年は女性向けのエステサロンなどで、鍼灸を使ったメニューが取り入れる機会が増え、女性の鍼灸師も増加しています。

美容鍼灸や美容鍼は近年注目を集める分野のひとつであり、美容鍼灸を専門的に学べる養成学校も増加しています。

小児専門で働く鍼灸師

鍼灸には「小児鍼」という子ども向けの施術方法があります。

子どもが抱える以下のようなさまざまな症状に対し、はり治療を行うことで改善に導く専門の鍼灸師もいます。

小児鍼で改善する子どもの症状一例
  • 夜泣き
  • アトピー
  • 小児ぜんそく
  • 虚弱体質

一般的には、生後1ヵ月くらいから6歳くらいの子どもを対象とし、子どもの年齢や症状に合った施術を行います。

鍼灸師の勤務先と仕事内容の違いのまとめ

養成学校卒業後は針灸院や針灸治療院に勤める人が多く、また、病院でリハビリなどに携わる鍼灸師もいます。

鍼灸治療を行うスポーツトレーナーとして、スポーツ選手やアスリートのサポートに携わったり、介護施設で働いたりケアマネージャーとして働いたりする鍼灸師も増加しています。

近年は女性向けのエステサロンなどで、鍼灸を使ったメニューが取り入れる機会が増え、女性の鍼灸師も増加しています。

また、生後1ヵ月くらいから6歳くらいの子どもを対象とし、子どもの年齢や症状に合った施術を行う鍼灸師もいます。