臨床検査技師国家試験の勉強方法

国家試験の勉強はいつから始める?

臨床国家試験の国家試験は、200問中6割(120点)以上で合格となります。

不適切問題があった場合でも合格点は120点以上で、合格率は毎年70%〜80%前後です。

専門学校に通う場合、本格的に勉強を始めるのは臨地実習が終わってからです。

模試は3年生になってからスタートし、学校によっては国家試験対策の授業も行われます。

ただ、1年次からの授業の内容のほとんどが国家試験につながるものと考えると、国家試験対策は1年次からすでにスタートしているといってもよいでしょう。

臨床工学技士国家試験の勉強の仕方

臨床工学技士国家試験の試験対策としては、過去問を解くことが中心になります。

問題集は学校から配布される場合もありますが、自分に合ったものを選ぶとよいでしょう。

テキストのほか、最近ではオンラインやアプリで勉強できるサービスも出ています。

出題傾向に変化が見られる年もありますが、それでも過去問にしっかり取り組んでいれば合格できる難易度といえます。

正解の選択肢だけでなく、間違っている選択肢についてもどこが間違っているのか理解することが大切です。

苦手科目はどうする?

臨床の現場に出てからのことを考えると、苦手科目は克服しておくに越したことはありません。

しかし、とりあえず国家試験合格だけを目的とするのなら、思い切って捨ててしまうのも手です。

出題数の多い分野を捨ててしまうのは危険ですが、臨床検査技師の国家試験では全体の合計点が120点以上であればよいため、得意科目でカバーできる自信があれば問題はありません。

臨床検査技師の国家試験勉強は覚えることが多いですが、日々の授業をきちんと聞き、実習にもまじめに取り組んだ上で問題演習を重ねれば、合格は見えてくるでしょう。