管理栄養士の勤務時間・休日

勤務体系の種類

管理栄養士の勤務体系は、大きく分けると「定時」と「シフト制」の2種類があります。

定時では毎日決まった同じ時間に働き、シフト制では日や週ごとに異なる時間帯で働くスタイルとなります。

管理栄養士が活躍する職場のなかには、病院や高齢者施設など、朝昼夕と入院患者さんや入所者の方の食事提供をするようなところもあり、そこではシフト制で働くことも多くなります。

管理栄養士の勤務時間

管理栄養士の代表的な職場の勤務時間帯例は以下の通りです。

保育園

7:30~19:00

病院や高齢者施設

5:30~20:00

企業

8:30~18:00

スポーツジムやエステ関係

10:00~22:00

なかでも、病院や高齢者施設では食事を提供する時間が細かく決められており、朝食の準備を担当するとなると、朝は早い時間に出勤するのが特徴です。

朝から午後、あるいは昼から夜までといったように、複数のスタッフが2交代制もしくは3交代制で働くことが多いです。

保育園も、子どもに対する食事の提供時間に合わせての勤務となります。

調理業務を担当せず、献立作成や栄養指導などの事務のみを行う場合は、早朝勤務になることはめったにありません。

1日の労働時間は、フルタイムであればどの職場も実働で7~8時間程度です。

スポーツジムやエステでは、会社員のお客さまを対象とするケースが多いため、朝はゆっくりめにスタートし、夜遅くまで働くこともあります。

管理栄養士の休日

病院や施設など、365日の食事提供がある職場ではシフト制勤務となることが多く、その場合は、休日も必ず土日祝日にとれるとは限りません。

ゴールデンウィークやお盆といった世間が連休の際にも出勤となる場合があります。

ただし、食品メーカーなどの企業で働く場合など、なかには土日祝日が確実に休みという職場もあります。

全体として年間休日は95~125日、平均して115日程度となっています。

管理栄養士の残業

管理栄養士の残業状況は、勤務先や雇用形態などによっても大きく変わってくるようです。

正社員の場合、最も責任ある仕事を任されることが多く、とくに人手不足の職場では残業時間が増えるかもしれません。

栄養指導に加えて、献立作成や調理まで一人の管理栄養士が担当するような職場では、毎日3~4時間程度の残業が当たり前となっているところもあるといわれます。

一方、複数の管理栄養士が勤務しており、交代制で働く職場では、トラブルがない限りは定時で上がれるところもあるようです。

どうしても残業時間を最小限にしたいという場合は、アルバイトやパートなど、決められた時間内だけで勤務できる働き方を考えてみるのもよいかもしれません。

管理栄養士の夜勤

管理栄養士が夜勤をするケースはほとんどありません。

朝食の調理に携わる場合など、早朝出勤をしなくてはならない職場はありますが、夜間の時間帯にずっと仕事をする職場はめったにないといえるでしょう。

早朝から働く日は午後早い時間に帰れる日もあります。

ただし一部の大きな病院で、NSTという栄養管理のサポートチームにおける活動をする場合に、夜勤が入ることがあるようです。

管理栄養士は忙しい? 激務?

管理栄養士の仕事は、全体としては忙しいと感じている人が多いようです。

管理栄養士は栄養指導や栄養管理・献立作成・調理・衛生管理など担当業務も幅広いわりに、その職場に管理栄養士は自分一人だけということもありえます。

また、高齢者施設で介護スタッフや調理専門のスタッフが不足している場合など、管理栄養士が事務や介護などの業務も兼務するケースも見られ、どうしても負担が大きくなる傾向にあるようです。

なかには激務を理由に仕事を辞めてしまう人もいるため、勤務先を探す際には、勤務時間や待遇などもよく確認し、安心して働き続けられる職場かどうかを考えておいたほうがよいでしょう。

管理栄養士の休日の過ごし方

管理栄養士で平日休みの職場で働く場合は、土日休みの友人などと予定が合わない可能性があります。

ただし、街へ出かけても週末ほど人が多くないのはメリットであり、のんびりと買い物をしたり、趣味やレジャーを楽しんだりする人が多いようです。

やはり食が好きで、休みの日も食べ歩きや新しいレストランめぐりをするような人もいるようです。

土日が休みの人、あるいは有給をくっつけて数日間の旅行へ出かける人もいますが、職場によっては人手不足でなかなか有給がとりにくいこともあるようです。

管理栄養士の1日・生活スタイル