フロントエンドエンジニアへの転職・未経験からなるには?

フロントエンドエンジニアへの転職状況は?

フロントエンドエンジニアは、Webに関する全般的な知識に加え、デザインやプログラミングのスキルも要求されます。

中途採用では、即戦力が期待されるため、他業界から未経験者が転職することはほとんどありません。

他業界からの転職は、他言語でのプログラミングやシステム開発に知識のあるITエンジニア以外だとかなり難しいでしょう。

即戦力のエンジニアを欲しがる企業は多いため、Web業界でのデザインやプログラミングに関わった経験のある人なら求人も多く、職探しは比較的簡単です。

ただし、業務やスキルの幅が広い分、現場で必要なスキルと自分の保有スキル、また希望する雇用条件が合うような条件での転職は簡単ではありません。

フロントエンドエンジニアへの転職の志望動機で多いものは?

志望動機は人それぞれですが「Web業界や技術に関心がある」というのが一般的です。

他業界からのフロントエンドエンジニアへの転職は、WebサービスやアプリのUIやデザインに関心の高い人が多く、自分で勉強している人も多いです。

多くのサービスがWebを通して提供されるようになり、その使い勝手に大きく関わるフロントエンドのデザイン・開発作業に興味を持つ人が増えたことが背景にあります。

フロントエンドエンジニアは需要も堅調で、将来的に長く働くことができると予想され、安定して働ける職種として注目する人もいます。

また、副業などでスキルを修得してきた人が、本格的な仕事に挑戦してみたいと考えて転職するケースもあります。

フロントエンドエンジニアの志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

未経験・社会人からフロントエンドエンジニアになるには

未経験の社会人がフロントエンドエンジニアになるには、フロントエンドエンジニアを募集している企業の求人を探し、応募するのが一般的です。

しかし、社会人の採用は即戦力が求められるため、募集要項でHTMLやCSS、JavaScriptだけでなく、Vue.jsやAngularなどのライブラリやフレームワーク、GithubやSlackなどの経験が求められているケースも多いです。

そのため、人材サイトなどの募集要項からニーズの高いスキルを探し、ひとつずつ勉強してみることをおすすめします。

また、並行して自分でWebサイトやWebサービスを作り、自分の実績として紹介できるようにしておきましょう。

フロントエンドエンジニアへの転職に必要な資格・有利な資格

フロントエンドエンジニアになるために必須の資格はありませんが、未経験の場合は実力を証明するために資格は有効です。

専門資格ではありませんが、HTMLやCSS、JavaScriptのプログラミングに関連する資格が評価されることが多いです。

「ウェブデザイン検定」や「HTML5プロフェッショナル認定試験」は初級なら受験資格もフリーで、費用も数千円から1万6千円ほどで受験できます。

また、システム開発の考え方やバックエンドのシステムについての知識もあると便利なため、「基本情報技術者」などIT系の資格も役立ちます。

ただし、基本的に資格よりも実績が評価されますので、資格取得だけでなくポートフォリオを充実させることも大切です。

フロントエンドエンジニアへの転職に役立つ職務経験は?

フロントエンドエンジニアへの転職は、IT系のエンジニアであれば主に使用する言語や実現する内容が異なるだけで、多くの経験がそのまま役立ちます。

その他の業種からの場合は、対人関係のスキルが役立つことが多いです。

フロントエンドエンジニアは、関係者との打ち合わせが業務の2~3割になるからです。

営業経験者なら、ヒアリングのスキルがクライアントやディレクターからの要求を詳しく聞くために役立ちます。

イベント企画や店長などの経験者なら、制作全体の進捗管理や人員管理などマネジメント面に強みがあるため、将来のディレクター候補としても期待されます。

また、各企業の顧客に多い業界での経験があると、経験から必要なサービスや機能を考え、提案に結びつけることも可能です。

フロントエンドエンジニアへの転職面接で気をつけるべきことは?

フロントエンドエンジニアへの転職では、仕事への熱意をアピールすることが大切です。

Web業界では未経験者の募集も多いですが、業務の中で必要なスキルが身につくほど簡単ではなく、個人の学習が不可欠です。

特にフロントエンドエンジニアは学習範囲も広く、技術の移り変わりも激しいため、一人前になるためにはかなりの時間を要します。

未経験の場合、企業は応募者を将来性から評価しますが、熱意がないと技術も伸びず、すぐに辞めてしまうリスクがあるため採用されません。

熱意や知識を試すためにWebに関する質問が行われることもありますので、入社してから頑張るのではなく、転職活動を始める時点で勉強は始めておきましょう。

フロントエンドエンジニアに転職可能な年齢は何歳くらいまで?

未経験者の場合は、スキルや知識のレベルによって判断が分かれます。

全くの未経験者で、Webのスキルや知識も一般並みという場合は、30歳を過ぎると採用してもらえるケースはかなり少なくなります。

全くの未経験者でも、スキルや知識を証明する資格や実績がある場合には、そのレベルに応じて35~40歳くらいまでは採用されます。

40歳を過ぎると、即戦力級のポートフォリオを持っているか、他のデザイン職またはITエンジニア職で実績がある人でなければ転職は難しいです。

継続的な学習が必要なことや、思考力・集中力が求められるため、未経験者は若い人ほど採用されやすいです。

また、企業の従業員の平均年齢よりずっと高い場合も、コミュニケーション上の問題から評価が厳しくなります。

未経験からフロントエンドエンジニアへの転職での志望動機

他業界からフロントエンドエンジニアへ転職する場合、なぜ業界や職種を大きく変えたのかを説明する必要があります。

Webに興味のある人は多いですが、専門的な技術や知識が必要なため、興味本位で転職してうまくいく人はほとんどいません。

特にフロントエンドエンジニアは学習範囲も広いため、本気かどうかを採用側も厳しい目で見ています。

企業や業界の成長性に魅力を感じていることや、Webに興味があり仕事にしたいと思っていたなど、前向きに仕事に取り組みたいと考えていることを伝えます。

また、志望する企業が同業他社とどう違うのか、Webに関する技術だけでなく、自分の視点と言葉でしっかり説明し、魅力を感じていることを表現しましょう。