フロントエンドエンジニアのやりがい・楽しさ・魅力

フロントエンドエンジニアのやりがい・楽しさ

最新の技術・ツールに触れる機会が多い

フロントエンドエンジニアは、最新の技術やツールを学ぶ必要がありますが、それもやりがいのひとつです。

JavaScriptのフレームワークやライブラリを使って斬新なUIを作ったり、BootStrapやSaSSによるCSS作成の効率化、GitHubによるファイル管理など、常に新しい方法を学び、取り入れていく楽しみがあります。

そのため、好奇心が強く、どんどん新しいことにチャレンジしたい人にはうってつけです。

多くの人と関わる仕事ができる

フロントエンドエンジニアは、一般的なWebデザイナープログラマーと比較して関係者とのコミュニケーションを必要とする機会が多いです。

クライアントやディレクターの意向を聞くこともあれば、デザイナーからデザイン上のイメージを聞くこともありますし、バックエンドのエンジニアとシステムの相談をすることもあります。

多くの人と関わるからこそ、制作案件の完了時にはその喜びも大きく感じられます。

制作物を評価してもらえる

フロントエンドエンジニアは、UIという見える部分を扱うため、制作物の反応を耳にする機会が多いのも特徴です。

「とても使いやすい画面デザインだった」という評価の声があれば、フロントエンドエンジニアにとってこれに勝る喜びはありません。

その仕事でWebサイトやアプリの使いやすさや評判に大きな影響を与えるため、制作物が評価され反響があると自分のことのようにうれしくなります。

フロントエンドエンジニアの仕事内容

フロントエンドエンジニアの魅力

実力で仕事がどんどん効率化できる

フロントエンドエンジニアは、スキルが高くなるほど仕事が効率的になる仕事です。

画面デザインを自由にスピーディーに作成できますし、制作に必要な要件定義も短時間でできるようになっていきます。

また、業務効率化に役立つ最新のフレームワークやアプリケーションは勉強も必要ですが、使いこなせば、既存業務にかける時間が大きく削減されます。

そのため、フロントエンドエンジニアは、短時間で必要な作業を片付け、定時で退社する人も少なくありません。

こうした残業が多いイメージを持たれることの多いWeb業界では特殊な職種で、そこに魅力を感じる人も多いです。

働き方の選択肢が広がる

フロントエンドエンジニアは、働き方の選択肢が多いことも魅力です。

短時間でも作業ができる人は、フリーランスやパートの形でも十分に収入を得ることができますし、社員として働く場合も他スタッフのサポートや学習の時間がとりやすいです。

ワークライフバランスも取りやすく、技術力があればより高報酬の職場も選べます。

Webの専門的な技術を求められるため、一人前になるのは簡単ではありませんが、一方で求人も多く職探しには苦労しません。

ひとつの企業で働き続ける場合でも、デザイン制作やシステム開発の技術を高めたり、マネジメントの技術を高めることでスペシャリストや管理職にもキャリアアップできます。