フロントエンドエンジニアの勤務時間・休日

フロントエンドエンジニアの勤務時間

フロントエンドエンジニアの勤務時間は、一般的なサラリーマンと同様とほぼ変わりありません。

定時が9時~18時(休憩含む)で、必要に応じて残業が発生します。

プロジェクトが複数入っている場合や、多くの作業が必要な場合、急な仕様変更などのために納期が厳しい場合は、残業時間が増えることも少なくありません。

アプリやシステム開発系の企業だと9時~10時頃の始業が一般的ですが、Web制作を主な業務とする企業の場合は10~12時と幅があったり、フレックスタイム制をとったりする場合もあります。

勤務時間内はコーディング作業が中心になるため、学習やアイデアを終業後に自宅や帰り道でゆっくり考えるという人も多いです。

フロントエンドエンジニアの休日

フロントエンドエンジニアの休日は、企業が定める休日に準拠します。

多くは週5日勤務ですが、隔週で土曜出勤が入ったり、祝日は出勤が発生する企業も多いです。

制作プロセスの一部分が担当であるため、案件全体のスケジュールから繁忙期と余裕のある時期を予想しやすく、長期休暇や有給休暇は取りやすい傾向があります。

女性のエンジニアも多いため、育児休暇の取得を推奨している企業も多いです。

休日に呼び出しがかかるようなケースはほとんどないものの、デザインやプログラミングなど仕事のための学習を行ったり、仕事上の問題解決に頭を巡らせている人も少なくありません。

フロントエンドエンジニアの残業時間

一般的なITエンジニア職と比較すると、フロントエンドエンジニアの残業はそれほど多くありません。

大部分は月あたり20時間以内の残業時間に収まります。

ただし、フロントエンドの開発業務だけの場合で、Webデザイナーなどの仕事を兼務しているような場合はこの限りではありません。

フロントエンド分野は業務の効率化を助けてくれるツールも多く、部品(コンポーネント)の再利用もしやすいため、仕様がしっかりしていれば効率的に仕事ができます。

フロントエンドエンジニアは忙しい? 激務?

フロントエンドエンジニアの忙しさは企業の風土と、個人の責任範囲で変わります。

企業が先進的で、新しい技術を使った表現を好むようなら忙しくなりますし、普及している技術を主に使う企業なら仕事はやや単調ですが効率的です。

また、フロントエンドのコーディングやプログラミングを担当するだけでなく、Webデザインや仕様書の作成などまで行うようなら非常に忙しくなります。

企業、個人による差異が大きいため、矛盾した情報も多いですが、多くは激務というほどではありません。

フロントエンドエンジニアの休日の過ごし方

フロントエンドエンジニアは休みが比較的安定してあるため、大多数は一般的なサラリーマンと同じような休日を過ごしています。

また、継続して学習が求められる仕事柄、休日に勉強会に参加する人が多いのが特徴です。

勉強会では知識や技術を学ぶだけでなく、技術者同士の交流を通し、互いの仕事の仕方や業界のトレンドについても情報交換を行うことができます。

こうしたつながりから、転職時に声をかけてくれる人が現れたり、将来のビジネスパートナーが生まれたりすることも少なくありません。

フロントエンドエンジニアの1日・生活スタイル