女性のフロントエンドエンジニアのキャリアパス・結婚後の生活

女性のフロントエンドエンジニアの現状

フロントエンドエンジニアは、比較的新しい種類のエンジニア職です。

ITエンジニア全般は男性の方が多いですが、Webデザインなどをベースにフロントエンドエンジニアになる人も多く、エンジニアの中では女性も多い職種です。

その仕事は男女で大きく違いが出ることはないため、職場の雰囲気や主な顧客層、スキル・実績が採用に影響します。

フロントエンドエンジニアは人手不足のため、実力ある女性エンジニアが結婚や出産の後も働きやすいように配慮する企業が増えています。

産前休暇や育児休暇はもちろん、その後の復職について時短勤務、在宅勤務、業務請負契約など、さまざまなパターンの中から状況に合わせて選べる仕組みを作る企業も多いです。

女性のフロントエンドエンジニアの強み・弱み

フロントエンドエンジニアの場合、男女で特別な仕事上の強みや弱みはありません。

アプリやシステム系の企業だと一般的に男性のエンジニアが多く、そのために気後れしたり居心地が悪く感じられる場合もありますが、職場しだいです。

逆に、企画や開発で女性の視点を求められるなど重宝される場合もあります。

クライアントがターゲットを女性向けにしている場合、打ち合わせなどに参加すると顔を覚えてもらえたり、意見を求められることも多いです。

納期前などでハードワークになると、体力面で男性に劣ることを意識する場合も多いですが、だからこそ自己管理や進捗管理が上手になります。

妊娠や出産、育児で現場を離れても、復職して働き続け、昇進する人も多いです。

フロントエンドエンジニアの結婚後の働き方・雇用形態

フロントエンドエンジニアは結婚後も働き続ける女性が多い職種です。

企業側もさまざまな働き方や雇用形態を用意し、家庭と仕事のバランスを個人が考えて選べるように工夫しています。

正社員ではなく契約社員やパート社員、請負業務の個人事業主として契約し、時短勤務や在宅勤務を可能にするケースも多いです。

また、復職可能な長期休業制度や、復職時のOJTの実施など、現場を離れることの不安を緩和できるような取り組みが見られます。

長期の休暇によってネガティブな人事評価がされないような配慮や、各自の得意分野を生かせるキャリアパスの相談など、キャリア面で工夫している企業もあります。

フロントエンドエンジニアは子育てしながら働ける?

フロントエンドエンジニアは子育てをしながら働くことは十分可能です。

産前休暇・育児休暇中も専門書や業界誌などを読み、しっかり準備してスムーズに復帰する人も少なくありません。

どうしても出産直後や、子供が幼いときは休職前のように働くことはできませんが、眠っている間に在宅でコーディング業務を少しずつ行うことも可能です。

子供が少しずつ手を離れてくると、出勤してのパート勤務も可能ですし、定時で帰れるように雇用形態を変更して働く人も少なくありません。

会社規模が大きく、女性のエンジニアが多い企業では、託児所やベビーシッターを企業側が手配してくれることもあります。

本人に働きたい意志と、必要なスキルがあれば子育てとの両立は可能です。

フロントエンドエンジニアは女性が一生働ける仕事?

フロントエンドエンジニアは、男女ともに「学習が追いつかない」ことが悩みになることが多いです。

結婚や育児などで家庭と仕事のバランスが変わってくると、どうしても技術や流行へのキャッチアップが難しくなります。

また、論理的思考力を要求されるプログラミングは、年齢を重ねると作業の速度や品質の維持が大変です。

しかし、それでも仕事を続けている人も多くいます。

フロントエンドエンジニアは、現場でコーディングをするだけでなく、仕様の設計やテスト、マネジメントなどさまざまな仕事があるため、強みのある分野があれば長く働くことができるでしょう。

業界で一線級のエンジニアを目指すなら厳しいですが、職場や仕事の内容を選べば、長く活躍することは十分に可能です。