フロントエンドエンジニア需要・現状と将来性

フロントエンドエンジニアの現状

フロントエンドエンジニアは、Webサービスやアプリにおいて、利用者から見えるブラウザの部分を担当するエンジニアです。

多くのサービスがWeb上にプラットフォームを持ち、またアプリケーションにおいてもOSに依存しないWebブラウザを利用することが増えたため、フロントエンドの画面開発ができるエンジニアのニーズは高いです。

求人市場では、特にアプリ開発会社やシステム開発会社でのニーズが高く、一般的なWebデザイナーよりも給与水準が高めに設定されています。

フロントエンド用の言語で利用できる技術が増え、実現できることも増えています。

今後もこの傾向が続くと見られ、フロントエンドエンジニアには継続的なスキルアップが必要です。

フロントエンドエンジニアの需要

フロントエンドエンジニアの需要は高いといえます。

現在のITサービスの提供が、クラウド利用にシフトしてきているため、その開発に関わるフロントエンドエンジニアの需要が高まっているからです。

また、フロントエンド分野はまだまだ成熟しておらず、今後大きな技術革新が見込まれる分野です。

そのため、技術変化に対応して高度な技術を導入できるエンジニアは、今後非常に高く評価される可能性もあります。

基本的にはアプリ開発やシステム開発など、サービスを提供する企業に就職して働くか、もしくは派遣やフリーランスの立場で案件に参加します。

職種によらず、需要は高いため、ワークライフバランスに配慮した働き方も選びやすい仕事です。

フロントエンドエンジニアの将来性

フロントエンドエンジニアの将来性はスキルや実績によると予想されます。

現在はWebデザイナーやHTMLのマークアップを主に行うコーダーなどもフロントエンドエンジニアと呼ばれることがありますが、名前だけのフロントエンドエンジニアは淘汰されていくでしょう。

さまざまなライブラリやフレームワークを使いこなし、技術面からUIやUXの提案や業務効率の改善を支援できるようなエンジニアであってこそ働き続けることができます。

フロントエンドエンジニアは技術革新の激しい分野のエンジニアですので、知識や技術が陳腐化しないように注意が必要です。

また、ただの作業者ではなく、知識や技術をビジネス上の価値に変えられる人が優秀なエンジニアとして評価されるでしょう。

フロントエンドエンジニアの今後の活躍の場

現在、フロントエンドエンジニアの主な職場はアプリ開発会社やシステム開発会社です。

しかし、フロントエンドエンジニアに求められる技術や知識は、国を問わず共通しているため、知識や技術がしっかりしている人なら国内外どこでも働くことが可能です。

また、特別な設備が必要なく、リモートワークもしやすい職種であるため、独立してフリーランスで働くことも難しくありません。

ニーズの高さから、スクールでの講師や、プログラミングの家庭教師などさまざまな働き方も可能で、就職だけでなくさまざまな働き方が可能です。

どの働き方も、企業の開発現場レベルの知識や技術があることが求められますが、その段階になれば自分の活躍する場も選びやすくなるでしょう。