フロントエンドエンジニアになるには

フロントエンドエンジニアになるまでの道のり

フロントエンドエンジニアになるために、資格、学歴は必要ありません。

男女関係なく、Web制作会社やアプリ開発会社などでの経験を経て、フロントエンドエンジニアになるのが一般的です。

Web制作会社では、Webデザイナーやコーダーなどから仕事を始め、業務の中でフロントエンドの知識や技術を学習し、エンジニアにキャリアチェンジします。

アプリ開発会社では、新卒は大学卒または専門学校卒が求められる場合が多いです。

入社後すぐにフロントエンドエンジニアとして仕事をすることは少なく、先輩エンジニアのアシスタントとして書類作成や作業の一部を担当します。

仕様書を読みこなし、必要な機能を実装できる一人前のエンジニアになるには、現場で3年は経験を積む必要があるでしょう。

フロントエンドエンジニアの資格・難易度

フロントエンドエンジニアには資格は必須ではなく、実際の技術や実績が重視されます。

それでも、「ウェブデザイン検定」や「HTML5プロフェッショナル認定」などの資格は取得しておくと評価されやすい資格です。

どちらの取得を目指す場合も、初心者は初級レベルから始めるとWebに関して全般的な理解が深まります。

中級以上は実務レベルの知識や技術が求められ、難易度が高くなります。

業務経験を積み、スキルの確認や向上を目的に受験するのがよいでしょう。

フロントエンドエンジニアを目指す人におすすめの資格は?

フロントエンドエンジニアになるための学校の種類

フロントエンドエンジニアになるためには、Webに関する全般的な知識を学び、その上でHTMLやCSSの基本、そしてJavaScriptによるプログラミングを学ぶ必要があります。

独学も可能ですが、大学や専門学校、スクールなどで学んでおく方がしっかりとした知識の土台ができるのでおすすめです。

大学では高度なプログラミングの考え方や最新技術などを学ぶことができ、Web技術全般について広く学ぶことができます。

専門学校では、仕事をする上で必要な技術や現場での考え方を学ぶことができ、実践的な内容が多くなっています。

スクールでは自分に必要な科目を選択して、効率的な学習を行うことができますが、一方で知識の偏りに注意が必要です。

フロントエンドエンジニアになるための学校と費用

フロントエンドエンジニアに向いている人

フロントエンド分野は、さまざまな技術開発が進んでいる領域であり、どんどん新しい技術が生まれています。

そのため、新しい技術への好奇心が強い人に向いている職種です。

新しい技術の導入が、表現の幅を広げる場合もありますし、業務を効率的にする場合もあります。

自分で実際に学び、試してみて、良いものを周囲に知らせることも大切ですので、提案や宣伝の上手な人もフロントエンドエンジニア向きな人です。

フロントエンドエンジニアに向いている人・適性・必要なスキル

フロントエンドエンジニアのキャリアプラン・キャリアパス

フロントエンドエンジニアになった後のキャリアでは、管理業務に携わるか、技術者として専門化するか、バックエンド領域に技術の幅を広げるかといった選択肢が一般的です。

管理業務に携わる場合、開発部門のリーダーやプロジェクトマネージャーとなって開発現場を管理します。

フロントエンドエンジニアとしての専門性を高め、企業で働いたり、独立してフリーランスで働く道もあります。

サーバーやネットワークなどのバックエンド領域の知識も身に着け、開発全域で活躍できるエンジニアや、開発案件全体を仕切るマネージャーになる道もあります。

フロントエンドエンジニアを目指せる年齢は?

フロントエンドエンジニアに年齢は関係がありません。

全くの初心者から目指す場合は、覚えることも多いため、40代を超えると少し難しいかもしれません。

しかし、エンジニア経験があるなど、システムやWeb、プログラミングの基本が十分にある人であれば、50代や60代からでも十分に可能です。

ただし、どの年齢で始めるとしても、最新の技術を常にチェックして学び続ける必要があるため、それができる環境や状況が必要です。

フロントエンドエンジニアは高卒から目指せる?

フロントエンドエンジニアは高卒からでも十分目指せます。

ただし、Web業界はまったくの未経験者を採用することは少ないため、HTMLやCSSでWebサイトを作ったことがあるなど、最低限の知識や実績が求められます。

また、新卒のフロントエンドエンジニアを求める企業にはアプリやシステムの開発会社が多く、大学卒以上の学歴を要求される場合もあります。

高卒から目指す場合は、就職・転職のプランをよく考えてキャリアを積んでいきましょう。