フロントエンドエンジニアとWebデザイナーの仕事の違い

フロントエンドエンジニアWebデザイナーの仕事内容の違い

フロントエンドエンジニアとWebデザイナーは、ともにWebの利用者から見えるブラウザ部分の画面を設計します。

Webデザイナーの仕事は、画面のレイアウトやボタン・画像などの作成を通し、画面の見え方をデザインすることです。

一方でフロントエンドエンジニアは、Webデザイナーがデザインしたサイトデザインに沿って、より使いやすくするためのUI/UXをプログラミングします。

フロントエンドエンジニアが関わっているWebアプリやWebサービスは、画面の移動なしに情報の更新や計算処理が行われる高度なものが多いです。

ユーザーに見える部分を協力して開発するのが一般的ですが、両方を経験し、どちらの領域も一人で担当できる人もいます。

Webデザイナーの仕事

フロントエンドエンジニアとWebデザイナーのなる方法・資格の違い

フロントエンドエンジニアもWebデザイナーも、就職にあたって特別な学歴や資格が必要な仕事ではありません。

一般的には、どちらも仕事に必要な最低限の技術を専門学校やスクールで学び、就職してから現場でスキルを磨きます。

Webデザイナーと比較すると、フロントエンドエンジニアはプログラミングの比重が高いため、大学でプログラミングを専門的に学んでいた人も多いです。

HTMLやCSS、JavaScript、UI/UXに関する知識はどちらの職種にもある程度必要ですので、意識して学んでおくことが必要です。

フロントエンドエンジニア、Webデザイナーのどちらも、その実力やセンスなどを見るためにポートフォリオが求められるため、しっかり作っておきましょう。

フロントエンドエンジニアとWebデザイナーの資格・必要なスキルの違い

フロントエンドエンジニアはプログラミングがメインですので、JavaScriptを中心にWebプログラミングについての知識が求められます。

「HTML5プロフェッショナル認定試験」や「ウェブデザイン検定」などを取得するだけでなく、専門スクールの受講経験などがスキルの修得や証明に有効です。

Webデザイナーはデザイン職ですので、同じくWebを担当するとしてもデザイン力が重視されます。

「ウェブデザイン検定」や「カラーコーディネーター」「DTP検定」など、ウェブだけでなくデザイン系の資格を取得していると評価が高まります。

両者に共通し、UI/UXへの知識があると仕事の質が高まるため、意識して学んでおくとよいでしょう。

フロントエンドエンジニアとWebデザイナーの学校・学費の違い

フロントエンドエンジニアとWebデザイナーは両方とも専門学校や社会人向けのスクールに通って技術や知識を修得するのが一般的です。

専門学校の授業料はどちらも年間60万円~100万円程度が多く、就職活動のサポートも行ってくれる学校が多いです。

フロントエンドエンジニアは、フロントエンド開発が重要かつ複雑になってきていることもあり、大学卒のエンジニアが増えつつあります。

情報系の学部・学科でWebやプログラミングについて学ぶと、仕事の幅も広がり、より高度な開発に取り組むための基盤を作ることができます。

大学は国公立か私立かで学費が大きく異なり、国公立で年間60~100万円、私立で60~150万円ほどです。

フロントエンドエンジニアとWebデザイナーの給料・待遇の違い

フロントエンドエンジニアは、派遣や契約社員よりも正社員が多く見られ、待遇も安定していることが多いです。

人材サービスなどでは400~500万円ほどの年収も多く見られ、高度な技術を持つエンジニアはより多くの収入を得られる場合もあります。

現在、Webサービスやアプリの開発で重要な位置を占めるため、案件における責任も重く、残業や休日出勤もゼロではありません。

Webデザイナーは年収が300~400万円ほどのケースが多く、正社員よりも契約社員や派遣が多い状況です。

待遇はフロントエンドエンジニアに比べて不安定ですが、需要は常にあり、実力と実績のあるデザイナーなら仕事に困らず、独立も難しくないため、働き方の選択肢は多いです。

フロントエンドエンジニアとWebデザイナーはどっちがおすすめ?

フロントエンドエンジニアとWebデザイナーは求められるスキルや、就職後の働き方などにも大きな違いがあります。

フロントエンドエンジニアは、プログラミングが求められるため、物事を整理して論理的に考えられる人に向いています。

また、Webの制作において、デザインよりもシステムを作りたいという人向きです。

Webデザイナーは、Webにおけるデザイン職ですので、Webサイトのデザインを担当したい人におすすめです。

センスに自信があり、自分の手でさまざまな表現をしてみたい人におすすめです。

どちらもWebの開発で重要な仕事で、求人も多いため、自分の性格や望む働き方に合ったものを選びましょう。