フロントエンドエンジニアの新卒求人の状況・就職先選びのポイント

フロントエンドエンジニアの就職先にはどんなところがある?

主にデザイン系とシステム系に分かれる

フロントエンジニアの主な勤務先は、Web制作会社やWebアプリ・サービスの開発会社に大きく分かれます。

Web制作会社では主にフロントエンドの技術を用いた先進的で機能的なUIの開発を行うことが求められ、デザインの要素が強くなります。

WebアプリやWebサービスの開発などシステム系の企業では、さまざまな情報の入出力とそれに関連する処理が求められ、仕様書の作成やプログラムのテストなどエンジニアの要素が強くなります。

一般企業でもフロントエンドエンジニアとして働ける可能性も

Web系やシステム系の企業でないとしても、自社でWebを利用した社内サービスやメディアなどを運用している場合、就職後にフロントエンドエンジニアになれる場合もあります。

このケースではWeb担当者や社内SEの業務を兼務する場合が多く、「フロントエンドエンジニア」の職種名で募集が出ることはほとんどありません。

フロントエンドエンジニアの求人の状況

フロントエンドエンジニアは、新しい職種であり、その業務や位置付けが固まっていない面があります。

そのため、デザイン系ならコーダーやマークアップエンジニア、システム系ならWebプログラマーと表現されることもあります。

これらを含めると、正規雇用・非正規雇用で新卒・中途を問わずさまざまな求人があります。

新卒でも入社後に教育が行われる企業が多いため、学習意欲があれば問題はありません。

Webに関する需要は高く、良質なサービスの提供のためフロントエンドエンジニアを必要とする場面は増えているため、この傾向はしばらく続くと予想されます。

ただし、その業務内容や待遇については地域や企業による幅が大きいため注意が必要です。

フロントエンドエンジニアの就職先の選び方

企業の得意分野を確認する

フロントエンドエンジニアの就職先を選ぶとき、まずチェックしておくべきはどんな分野で企業が活躍しているかです。

フロントエンドの開発はWebサイトやアプリケーション、ゲームなどさまざまなところで必要となっていますが、就職した企業でその全てに関わることができるとは限りません。

また、主な取引先企業がBtoB企業かBtoC企業かによって、デザインや技術的な要求が変わってきます。

企業情報から制作実績や主な取引先を確認し、自分の関わりたい分野で活躍している企業を選ぶことが大切です。

給与はよく確認する

フロントエンドエンジニアは企業の状況により、多くの残業が発生する場合もあります。

給与に最初から一定時間の残業代が組み込まれている場合や、年棒制となっている場合は仕事量の多い企業である場合が多いです。

各種の手当も含め、企業による差異が大きい部分なのでよく確認しておきましょう。

新卒は教育やキャリアパスに注目する

新卒者に対し、教育に力を入れている企業も多いですが、キャリアパスが整備されている企業はまだまだ多くありません。

キャリアパスは社内でのキャリアの道筋を示しますが、キャリアパスがない場合は組織体制がほとんど変わらないか、長く勤める人が少なく離職者が多い可能性があります。

創業から間もない企業なら仕方ないですが、長く続いている企業の場合は注意が必要です。

フロントエンドエンジニアの志望動機・面接

新卒採用では、スキルや実績はほとんど求められず、フロントエンドエンジニアとしての適性が重視した評価が行われるのが一般的です。

フロントエンドは技術やデザインの流行の変化が激しいため、持続的な学習や、技術や知識の応用力が求められる職種です。

そのため、学習意欲や行動力が重視される傾向があり、長く仕事を続けるために制作に対する熱意も見られています。

上記をベースに、志望する企業についてしっかり調べ、求める人材像に合った志望動機をアピールしましょう。

面接は、一般的な企業の面接と大きく違いはありませんが、Webの技術やトレンドなどに関する質問が出る場合があるため、基本的な知識は事前に学習しておくとよいでしょう。

フロントエンドエンジニアの志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

就職先はどのように探したらいい?

就職先の探し方としては、新卒用の求人サイトを利用するのが一般的です。

この場合、一般的な企業と同じように、試験や面接などを複数回経て採用にいたります。

また、学校によっては就職課に求人募集が来ていることもあり、推薦や紹介をしてもらえることがあります。

この場合、絶対に採用されるとは限らないものの、一般的な就活ステップより有利な場合が多いです。

その他、地域によっては、ハローワークや求人情報誌にも募集が出ていたり、企業のサイトで新卒求人についての募集が出ていたりすることがあります。

インターンやアルバイトを経験している場合、社内の人からの紹介によって採用されるケースもありますが多くはありません。

学生時代から副業としてWeb制作やコーディングを行っていたなど実力がある人は、仕事の関係者から即戦力としてスカウトされることもあります。