フロントエンドエンジニアの働き方の種類・雇用形態

フロントエンドエンジニアの雇用形態

フロントエンドエンジニアは、さまざまな働き方ができる職種です。

フロントエンドのプログラミングが主な担当部分で、基本的にパソコン一台あればどこでも作業が可能だからです。

そのため、正社員や契約社員だけでなく、派遣社員や、アルバイト・パート、フリーランスで請負業務を行うなど、さまざまな雇用形態で働いている人がいます。

雇用形態によって、任される業務範囲に違いがあるのが普通で、正社員なら他分野の技術者や顧客と直接相談するなど開発案件に深く関わります。

アルバイトやパートでは、勤務日や勤務時間を減らしたいという経験者向けの求人がほとんどです。

そのため、仕事内容も他の社員と同じくコーディングが中心で一定の技術が要求されます。

正社員のフロントエンドエンジニア

フロントエンドエンジニアは、システム開発・アプリ開発会社などで、正社員として働く人が多いです。

システムやアプリの開発において、フロントエンド部分の設計やプログラミングを担当することになり、社内の打ち合わせや仕様書の作成などの上流の仕事も多めです。

案件の利益や効率に大きく影響する重要な部分を任され、かつ実際の制作でも責任ある仕事が求められるため、繁忙期や納期前は残業も多いです。

その分、給与や待遇は他の雇用形態よりもずっと安定しており、350~500万円ほどでの求人が多く、スキル次第では平均を大きく上回る収入を得る人もいます。

また、システムやアプリを開発する会社では、しっかりと教育を行ってから現場で働くようになっている企業も多いです。

大学や現場でWeb制作やプログラミングの知識を身に着け、実際の制作を経験してからフロントエンドエンジニアとして働くケースが一般的です。

派遣のフロントエンドエンジニア

フロントエンドエンジニアは、派遣での求人も多い職種です。

アプリ開発会社やWeb制作会社などで、一時的なニーズがあるときに募集が行われることが多く、プロジェクトが終了するまでの期間派遣されて、フロントエンドの開発に携わります。

派遣会社で教育を受けられる場合も多く、初心者でも問題がない、もしくは指導を受けながら働けるような先を派遣会社のエージェントが探してくれるので安心です。

給料は時給で2000~3000円ほどが多くなっていますが、雇用の状態が不安定になりがちで、スキルにあった仕事がみつからないこともあります。

中には、一定期間後に雇用が予定される紹介予定派遣の案件もあり、社員採用へのステップとしてもよい働き方です。

Web関連の仕事は経験していても、フロントエンドエンジニアとしては未経験という場合に、実績を積んで次につなげやすい雇用形態です。

アルバイト・パートのフロントエンドエンジニア

アルバイトやパートのフロントエンドエンジニアの求人が少しずつ増えています。

フロントエンドの重要性が高まるにつれて、技術のあるエンジニアへのニーズが高まっているためです。

アルバイトやパートでは、週に2日、3日といった働き方や、一日4時間といった時短勤務などが、この形で求人されています。

アルバイトやパートとはいえ、仕事内容や時給では派遣社員と遜色ないことも多く、時給1500~2500円での募集が多く見られます。

フロントエンドの開発を実際に任されることが多く、知識や技術、経験や実績、専門性が求められます。

しっかりした技術があれば、ワークライフバランスを整えつつ、ある程度の収入を得ることも難しくありません。

アルバイトやパートでは、未経験者への求人はほとんどなく、未経験者の募集があっても、仕事内容は上記と違って技術を要する仕事はほとんど任されず時給も下がります。

フリーランスのフロントエンドエンジニア

フリーランスのフロントエンドエンジニアとして活躍する人は多いです。

パソコン一台で仕事ができるため、独立しやすく、また自分のスキルに合った仕事を選ぶことができますし、時間の融通も利きやすいなどのメリットがあるためです。

収入も会社勤務の頃と同等またはそれ以上に得ることができる人も少なくありません。

ただし、継続して仕事を受注し続けるためには営業力が必要ですし、しっかりした技術があってさまざまな案件に対応できることが条件です。

未経験の状態からフリーランスになる人もいますが、Web制作会社やアプリ開発会社で経験を積んだエンジニアが独立するケースが一般的です。

副業・在宅のフロントエンドエンジニア

副業や在宅でフロントエンドエンジニアとして働く人も増えています。

技術があれば短時間で効率よく収入を得ることができますし、仕事上の負担もさほど大きくないため、働きやすいと感じる人も多いです。

フリーランスと同じく、業界経験者が多いですが、別分野のSEやプログラマーなど未経験者が、趣味や収入増を目指して参入する場合もあります。

仕事を定期的に獲得することが課題で、受注できる仕事を増やすためにもスキルアップが重要です。

報酬は案件ごと、もしくは時給で計算されることが多く、月に5~10万円稼ぐことも難しくありません。

技術力のある人なら、本業並みの収入を作ることもできるのがフロントエンドエンジニアの副業の魅力です。