フロントエンドエンジニアが独立してフリーランスになるには?

フリーランスのフロントエンドエンジニアの働き方・仕事内容

フリーランスのフロントエンドエンジニアは多くが請負業務で、受注した案件を完成させるために、自宅や個人オフィスで主にコーディングやテストを行います。

会社勤めの時と違い、自分でスキルに合う案件を選べる点や、作業を行う時間を自由に決められる点が大きく異なります。

同じ請負でも、クライアント企業内に入って業務を行う場合は会社の時間に合わせることが必要です。

新規性の高い案件や大規模な案件では、時間給で契約し、クライアントの指示に従って作業を行う場合もあります。

技術と経験のある人なら、複数の案件を並行して進めることもでき、会社勤めのころよりも多くの収入を得ることも可能です。

フリーランスのフロントエンドエンジニアになるまでのキャリアパス

フリーランスになる前に、Web制作会社やWebサービス・アプリ開発会社で実績・経験を積んでおくのが一般的です。

独立するまでに、フロントエンドの業務に関して上流工程から下流工程まで一通りこなせるようになっておくことが必要です。

人脈づくりや経験の幅を広げることを目的に、転職して複数の企業で働いてみたり、在職中に副業で経験を積む人も少なくありません。

デザイン分野を得意とするか、システム用のコーディングを得意とするかで請け負うことのできる案件が違ってくるため、スキルの方向性をよく考えて準備することが大切です。

全くの未経験から独立する人もゼロではありませんが、一般的ではありません。

フリーランスのフロントエンドエンジニアのメリット・デメリット

自分のペースで仕事ができる

フリーランスになると、仕事の内容や量を自分で決められますし、勤務時間も自由になるため、自分のペースで仕事を進めることができます。

仕事と休みのメリハリのついた生活をしている人も多いです。

スキルアップが収入増につながる

自分のスキルが高くなると、多くの案件を短期間でこなして収入を増やしたり、高度な技術を要する高単価の仕事を受注したりすることが可能です。

スキルアップが直接的に収入増につながるため、学習にも熱が入ります。

営業が難しい

案件はクラウドサービスなどで多く募集があるため、受注は難しくありません。

しかし、自分のスキルに合い、希望する報酬を得られる案件は少ないものです。

また、契約の問題によるトラブルも多く、仕様変更やクレームが多く割に合わない仕事もあります。

そのため、営業のコツをつかむまでが大変です。

フリーランスのフロントエンドエンジニアの給料・年収

フロントエンドエンジニアの給料や年収に関する正確な統計はありませんが、求人サイトで正社員の募集を見ると400~500万円の年収が一般的です。

請負の案件では月40~60万円ほどの案件が多く見られ、ここからフリーランスの給料を推測すると450~700万円ほどと見られます。

フロントエンドだけでなくバックエンドの知見もある人であれば、システム開発全体に関わることも可能で、もっと高い報酬を得ることも可能です。

技術力のある人なら、複数の案件を掛け持ちして、より多くの収入を期待できます。

安定的によい案件を探し受注できる営業力が必要ですが、会社勤めのエンジニアよりも収入の期待水準は高いです。