ファイナンシャルプランナーの勤務時間・休日

ファイナンシャルプランナーの勤務形態の種類

ファイナンシャルプランナーとして働く人は、銀行や保険会社などで「働く企業内ファイナンシャルプランナー(企業内FP)」と、独立して自分のペースで働く「独立系ファイナンシャルプランナー(独立系FP)」に分かれます。

企業内ファイナンシャルプランナーは、会社から直接雇用される正社員がほとんどですが、なかには契約社員や派遣社員、パートといった別の雇用形態で仕事をする人もいます。

契約社員や派遣、パートの場合は、自分の生活スタイルに合わせた仕事をする人が多く、1日の勤務時間は数時間程度と短くなる場合もあります。

ファイナンシャルプランナーの勤務時間

企業内ファイナンシャルプランナーの場合

企業内ファイナンシャルプランナーの勤務時間は、勤務先となる企業が定めた就業時間によって異なります。

銀行などの金融機関であれば9時~18時くらいの時間帯で働くことが多く、実働は7.5時間~8時間程度が一般的です。

ただし、ファイナンシャルプランナーはお客さまからの相談を受ける仕事が中心となるため、お客さまの都合によっては勤務時間を超えて仕事をすることも出てきます。

また、ノルマを達成するために、期末時期は営業活動と共に事務処理を行うために残業が増える場合もあります。

独立系ファイナンシャルプランナーの場合

独立系ファイナンシャルプランナーの場合、自らの業務スタイルによって勤務時間が異なります。

会社員と同じように、日中の時間帯に仕事をしている人が多いようですが、個人で仕事をしていれば明確な勤務時間を定めていない場合もあります。

税理士行政書士社会保険労務士といった別の資格と併せ、FPのスキルを生かして活動している人も多いため、人によって働くスタイルはだいぶ変わってくるのです。

また、講演会やセミナーを行う場合は休日や夜間が仕事になることもあります。

ファイナンシャルプランナーの休日

企業内ファイナンシャルプランナーの場合

企業内ファイナンシャルプランナーの休日は、基本的に勤務先となる企業が定めた休日そのものとなります。

銀行や証券会社などではたいてい土日祝日が休みとなっていますが、週末を利用して保険の相談会などのイベントを開催するところもあり、その場合はFPが出勤しなくてはならないこともあります。

また、金融系の企業は有給制度が整っているところが多いので、有給休暇も比較的取りやすいですし、長期休暇で職場離脱をしてもらい、お客さまとの間に問題がないかをチェックします。

大手企業ならば産休や育児休暇も取得しやすく、育休を1年~2年程度取得して、復帰後は時短制度を使って働く人も多いです。

独立系ファイナンシャルプランナーの場合

独立系ファイナンシャルプランナーの休日は、勤務時間と同様、その人の働き方によって変わってきます。

週末を休みにしている人もいれば、お客さまの依頼が多い土日中心で相談業務を受けている人もいます。

独立して働く場合、基本的に休日も勤務時間もすべて自分で決めることが可能です

ファイナンシャルプランナーの残業時間

ファイナンシャルプランナーが働いている銀行、保険、証券、不動産などの業界は、一般的にノルマが大きく張られる仕事のため、期末時期などは営業実績を増やすために残業が増えやすくなります。

とくに歩合制の仕事の場合は、ノルマに対する達成率により賞与や給料が変わってきてしまうので、実績がないのであれば残業してでも実績を積み上げなければいけません。

独立系FPの場合は、残業という概念はないかもしれませんが、夜にセミナーを行い、その後お客さまのお金の相談に乗るとなると夜遅くまで働くことになります。

ファイナンシャルプランナーは忙しい? 激務?

保険会社で働く歩合制のファイナンシャルプランナーは、実績を積み上げればその分給与が上がる仕組みになっているので、もともと仕事に情熱を注ぐ人が多く、夜や土日も返上して働きます。

銀行で働くFPにもノルマはありますが、歩合制のように厳しい評価ではないので、普段の帰宅時間は18時前後、残業しても20時までなのでそこまで遅くまではありません。

その分昼食の時間を削らなければいけないこともあり、ゆっくり休息できることは少ないのですが、業後は自分の時間が作れるのでそこまで激務とは感じないです。

ファイナンシャルプランナーの休日の過ごし方

企業内ファイナンシャルプランナーは、平日ノルマはことを考えないといけないので、休日は自分の趣味に時間を使ったり、家族と過ごす時間にしたりとリラックスできる時間の使い方をする人が多いです。

しかし、FPとしてさらに上を目指したいという人は、上級資格のための資格や関連資格などの勉強をして、自身のスキルアップのために時間を使う場合もあります。

独立系ファイナンシャルプランナーは、セミナーやイベントのための準備をしたり、マネー系の記事を執筆したりと休みの日も常に働いていることが多いです。

ただし、自分都合で休みにできるので、長期休みにして海外旅行へ行くというようなメリハリのある休暇の取り方もできます。

ファイナンシャルプランナーの1日・生活スタイル