チャイルドマインダーと保育士の違い

保育士との資格の違い

チャイルドマインダーという職業は、今の日本ではまだまだ決して認知度が高くはありません。

子どもを預かるスペシャリストといえば「保育士」を思い浮かべる人が多く、チャイルドマインダーと保育士は何が違うのか疑問を抱く人もいるのではないでしょうか。

ここでは2つの職業の資格や仕事内容の違いについて詳しく説明していきます。

まずは、資格の違いです。

チャイルドマインダーは民間資格であり、特定の大学や専門学校を卒業したり国家試験を受けたりする必要ありません。

基本的にはチャイルドマインダー養成講座を受講して資格を取得した人であれば誰もがチャイルドマインダーとして働くことができます。

これに対して、保育士の場合は児童福祉法で定められた国家資格であるという違いがあります。

厚生労働大臣の指定した保育士養成のための学校を卒業する、保育士試験に合格する、などの厳しい条件を満たした人だけが保育士を名乗ることができます。

一般的には保育士のほうが取得までにかかる時間や費用は長くなります。

保育士との仕事内容の違い

チャイルドマインダーと保育士はどちらも子どもを預かって世話をするという点では同じですが、保育環境自体は大きく異なります。

まず、チャイルドマインダーが「家庭的な保育」や「少人数保育」のスペシャリストであるのに対して、保育士は「集団保育」のスペシャリストであるのが一般的です。

チャイルドマインダーが子どもの年齢や個性に合わせてマンツーマンで保育をするのが得意だとすれば、保育士は子どもたちの集団の指導に長けていると考えてよいでしょう。

働く場所としても、チャイルドマインダーが民間企業や商業施設などの保育ルームで働くのに対して、保育士は保育園で働くことが多いようです。

同じように子どもを預かる仕事であっても子どもとの向き合い方や職場環境は異なるので、自分の適性や希望に合わせてどちらの職業をめざすかを決めるとよいのではないでしょうか。

保育士の仕事