アパレル店員の職業病にはどんなものがある?

他の店舗の様子が気になる

アパレル店員は、ファッションの流行はもちろんですが、それ以外に他のアパレルショップの様子が気になることが多いようです。

アパレル店員になると、一般消費者であったときとは店を見る視点が変わってくるものです。

たとえば、他のお店のディスプレイ方法やレイアウトに目がいき、よいディスプレイがあればそれを参考に自分の店にも取り入れることがあります。

さらに、他の店舗のスタッフの接客を受けて感じが良かったときは、そのやり方を真似てみることもあります。

目当ての買い物はなくても、こうしたリサーチを兼ねてとショッピングモールや百貨店などに足を運ぶという人もいます。

洋服をきれいにたたむようになる

アパレル店員は仕事中、お客さまが手に取って乱れた洋服をたたみ直してきれいに整えます。

毎日繰り返すうちに洋服をたたむ技術はどんどん上達し、プライベートで買い物をしているときでもその店の店員さんのごとくたたみ直したくなる、という人が多いようです。

自分が客として店を訪れているときはそこまで気を遣う必要はまったくないにも関わらず、ディスプレイされている洋服はピンとしていなければどうしても許せないと考える人も少なくありません。

足腰が悪くなりがち

アパレル店員は、店頭に立っている際は常に背筋をピンと張って、姿勢よく接客しなければなりません。

こういった姿はとても美しく見えるのですが、その反面、慣れない姿勢を続けるうちに体が痛くなってしまうという人もいます。

また、お店によっては高いヒールを履いて接客しなければならないこともあります。

そういった場合、1日中立ちっぱなしだとどうしても足がむくみますし、腰にも大きな負担がかかります。

できるだけ足腰に負担のかからない靴を探したり、疲れてきたらお客さまから見えない店の裏に行ってストレッチを行ったりするなど、陰で工夫を重ねている人が多いようです。

インターネットやSNSでの反応が気になる

アパレル店員はファッションや流行に敏感な人が多いため、常にインターネットやSNSで最新の情報をチェックしています。

自分の働くブランドが新しいアイテムを発売したり、主力商品を発売したりすると、その評判はどうか、どのようにコーディネートしているのか、どのような人に変われているのかなどをチェックする人も多いようです。

また、自分の働くブランドだけでなく、系列のブランドや他店の評判や人気アイテムがなどを調べ、接客の参考にするという人もいるようです。

社販や社割で買い物をしすぎてしまう

アパレル店員は、社販や社割を利用して多くの買い物をします。

自分が仕事中に着用する服を買うのが基本ですが、もともとファッションやおしゃれが好きな人が多いため、気に入った服を色違いで購入したり、スタッフ同士お揃いで購入したりするなど、必要以上に買いすぎてしまうこともあるようです。

また社販の場合、給料から天引きされるなど後払いのことが多いので、ついつい買い物をしてしまうという人も多いようです。