テレビディレクターになるには

ADからディレクターを目指すことが基本

テレビ局の制作部門に入ると、まずはAD(アシスタントディレクター)からスタートすることがほとんどです。そこで数年間、下積みとして番組制作の基礎を学んだのち、ディレクターに昇格することが一般的なルートとなります。

テレビ局によっても異なりますが、キー局、地方局とも5年前後ADを経験し、ディレクターになる人が多いと言われています。

テレビ局の制作部門では、四年生大学卒業以上の学歴が求められることがほとんどです。

別の業種から転職する人も

マスコミ業界は、別の業種から転職する人が多い世界です。テレビディレクターに関しても、広告業界や制作プロダクションでディレクターをしていた人が、テレビディレクターへと転身する場合もしばしばあります。

特に、番組制作会社で働いている人は、転職を経験している人が多いと言われています。番組制作会社の場合、専門学校卒やアルバイトからディレクターを目指すチャンスもまれにあるようです。

テレビ局に入れなくても、何かしらマスコミ業界に関わっていれば、テレビディレクターの仕事に就くチャンスがあるかもしれません。

視聴率への責任

自分の想いや考えを、「番組」という形にして全国の人に伝えることができるテレビディレクター。大勢のスタッフの力を合わせて番組が完成したときには、何物にも変えられない喜びを感じられることでしょう。

しかし、決して楽な仕事ではありません。厳しいADの時代を乗り越えてディレクターになっても、規則正しい生活や週休二日制が約束されることは、ほとんどないと考えていて良いでしょう。

ディレクターは指揮官ですから、番組の最初から最後まで見守って責任をとらなければなりません。

また、視聴率を獲得しなければ、番組が打ち切りになってしまうこともあります。テレビを観る人が減って業界全体が厳しいなか、視聴率がとれず精神的に追い込まれてしまう人もいるそうです。
それでも、「いい番組を作りたい」という気持ちとテレビへの熱い情熱があれば、きっと誇りとやりがいをもって働き続けられるでしょう。

仕事体験談