テレビディレクターになるための学校・学歴・学部

学校で技術を学ぶ

テレビディレクターには、専門の知識や技術が必要です。それらを教えてくれる学校やスクール・大学に行くことで、ディレクターへの道のりは近くなります。

もちろん、テレビ業界は高学歴の者が入りやすい世界であることは間違いありません。しかしながら、テレビを作る上で必要なのは学歴ではなく、知識や技術、企画力です。

専門的な学校に入らなければならないと言うわけではありませんが、学生のうちに学べる技術は、身につけておいた方が良いと言えるでしょう。

学校で学べること

では、学校ではどんなことが学べるのでしょうか?学校によってさまざまですが、ここでは一例を紹介します。

まずは、映像の演出法を理論的に、さらに、実践的に学ぶことができます。たとえば、「カットインやフレームインには、どんな演出効果があるのか?」を座学で学べたり、実際にスタジオを使ってテレビ番組を制作できたりするわけです。

他にも、テレビ・放送の歴史、放送に関する法律を学ぶことができます。テレビマンとしての基礎知識を学習することによって、常識ある作り手を目指すと同時に、現在のテレビ業界の問題点なども知ることができるでしょう。

最大のメリット

そして、学校の最大のメリットと言って良いのが、テレビ業界や映像業界を目指す仲間に出会えることです。バラエティ志望の者・ドラマ志望の者、他にもドキュメンタリーや映画制作を目指す者が集まっているのが学校です。

彼らと生活をともにすることによって、制作者として刺激的な時間を過ごせることでしょう。今では、一緒に自主制作番組を作り、その動画をインターネットで公開し、視聴者の反応がすぐに見ることができます。

同世代で同じ目標を持った人物と切磋琢磨することは、みずからのセンスを磨くことができる貴重な経験となることでしょう。

仕事体験談