トラック運転手の現状と将来性

業界全体が変わり始めている時期

トラック運転手が働く運送業界は、いま、過渡期を迎えようとしています。

これまで業界を担ってきたベテラン運転手たちの高齢化によって人材不足に陥っており、新たな力となる若手運転手の育成が急務となっています。

しかし、「仕事がきつい」「体力がいる」「給料が安い」といったネガティブなイメージが根付いており、なかなか人が思うように集まらなかったり、定着しないのも実情のようです。

実際、過酷な労働環境によって長距離トラック運転手が過労死したというニュースが社会問題になったり、不況のあおりを受けてとくに中小の運送会社では給料カットが行われたりなど、トラック運転手を取り巻く状況は決して甘いものとはいえません。

しかし、その一方で多くの若者を呼び寄せられる業界にしようと、透明性の高い経営を行っていることを積極的にアピールしたり、働きやすい環境づくりに取り組む会社も徐々に増え始めています。

たとえば、これまでよりも休日を増やしたり、勤務体系に柔軟性を持たせたりして、女性でも安心して働けるような制度を整える会社もあります。

今後も運送業界は刻々と変化していくものと思われますが、しばらくは会社によって待遇面にだいぶ差がある状況が続くかもしれません。

健康であれば長年働ける仕事

トラック運転手の仕事は、健康でありさえすれば長く働ける仕事です。

とくにトレーラーなど大型トラックを運転の運転は、素人が簡単にできるものではありません。経験は武器になりますし、高い運転技術や資格を生かして転職することも可能です。

日本の物流は、トラック運転手によって支えられています。よくネットショッピングで見かける「即日配送」のようなサービスも、トラック運転手の頑張りなくしては実現できません。

これからも、強い使命感を持った運転手が求められていくことに変わりはありません。

健康で、長く働き続けてキャリアを磨くためにも、就職先を選ぶ際はしっかりと吟味することが重要だといえるでしょう。