トラック運転手の求人、採用募集状況

運転手の高齢化により、需要は一気に拡大

トラック運転手が主に活躍する物流会社や運送会社では、いま深刻な人材不足に悩んでいます。

その大きな理由は、運転手の高齢化です。歳をとって引退するベテラン運転手が年々増えており、各社とも若手運転手の採用・育成に急いで乗り出している状況です。

ですから、これからトラック運転手を目指す人にとっては、かなりチャンスが広がっているといえるでしょう。

もともと男性が中心の仕事とされていましたが、女性の運転手をもっと増やそうという動きも出てきています。

本来、この仕事では技術と経験が重視されるため、未経験者がなかなか入りづらい世界ではあったのですが、最近は学校を卒業したばかりの未経験者でもどんどん採用し、自社で研修を行ったり、必要な免許取得の支援をしたりしている会社が増えているようです。

待遇や制度など、働きやすい会社を選ぼう

近年は、過酷な労働環境が理由とされる運転手の過労死などが社会問題となり、社会的にも「運転手の待遇向上」が叫ばれています。

こうしたことから、各社とも人材が定着するように勤務時間や休日を見直したり、業務フローの改善などにも取り組んでいるため、これから運転手を目指す人にとってはより良い労働環境が期待できるかもしれません。

とはいえ、トラック運転手の仕事はどうしても不規則な生活になりやすく、決して楽なものではありません。

トラック運転手になりたいと考える人にとって活躍の場はたくさんありますが、なかには劣悪な労働条件で社員を働かせる、いわゆるブラックな企業もあるといわれています。

身体が資本の仕事ですから、がんばり過ぎて体調を崩してしまってはどうしようもありません。

給与や待遇はもちろん、いざというときの補償内容や社員育成に対する考え方などまで含めてしっかりと確認し、本当に安心して働ける職場を選ぶことが大切といえるでしょう。