トラック運転手になるには

物流会社や運送会社へ就職する

トラック運転手の多くは、物流会社や運送会社に勤務しています。

そのため、まずは運転手を採用している会社への就職を目指すことが、トラック運転手になるための近道といえるでしょう。大手から中小企業まで、全国にさまざまな規模の会社があります。

これらの企業では、採用条件として「高卒以上(場合によっては大学以上)」を掲げているところもありますが、基本的に運転手の仕事では学歴はさほど重視されず、熱意や体力が求められます。

この勉強をしていなければなれないという職業でもありませんので、とにかく運転が好きであれば、トラック運転手として働ける可能性は十分にあるといえます。

ただし、トラックの運転には普通自動車とは異なる免許や運転技術が求められます。

とくに大型トラックの運転は特別なスキルが必要とされるため、経験者を優先的に採用する傾向が強いようです。

しかし、近年この業界では人材不足に悩む企業も多いため、未経験でも歓迎するところが増えているといわれます。

経験がない場合には、未経験者を積極的に採用している会社を探すとよいでしょう。

特別な資格が必要になる

トラック運転手として実際に働くとなれば、トラックの種類に応じた資格を取得しなくてはなりません。

たとえば中型トラックであれば「中型免許」、大型トラックであれば「大型免許」、さらにトレーラーなどを扱う場合には「けん引免許」が求められます。

また、運ぶものによっては「危険物取扱者免許」や「毒物劇物取扱責任者免許」などの取得も必要になってきます。

このような特殊な免許は基本的に、入社後に研修を受けて会社負担で取得することができます。

採用試験ではとくに難しい試験などは行われませんが、お客さまの大切な荷物を運ぶという責任感は欠かせません。

また、長時間の運転にも耐えられるだけの集中力、体力があるかなども合否を左右するポイントとなるでしょう。