トラック運転手の勤務・労働時間・残業・休日

勤務時間

トラック運転手の勤務時間は、一般的なデスクワークのような9時〜18時といったものとはだいぶ異なっています。

また、1回の出勤日あたりの拘束時間が長くなりがちなところも特徴のひとつだといえるでしょう。

近年、トラック運転手の過酷な労働条件の実態が問題となったことを発端に、労働大臣による「改善基準告示」が発表されました。各運送会社社は、この内容に基づいて営業する必要があります。

この内容によれば、基本的に1日の拘束時間は13時間と定められています。もし延長する場合でも最大16時間で、15時間を超える回数は1週間につき2回までと決められています。

拘束時間には、運転や整備、荷扱いを行う作業時間と荷待ちを行う時間に加え、運転途中での休憩や仮眠も中含まれます。

拘束時間が終わってから、次の仕事がスタートするまでの時間は休息期間となります。1日の休息期間は、継続して8時間以上必要と定められています。

勤務時間帯は、勤める会社や荷物を運ぶ目的地などよって変わってきます。特徴的なのは長距離を走るため、高速道路が空いている深夜時間帯に働くことが多いという点です。

もし納品が遅れてしまえば相手先に多大な迷惑がかかってしまうため、常に道路状況を読み、時間を気にして走らなければなりません。

休日

先述の改善基準告示によれば、休日は「休息期間+24時間の連続した時間」のことをいい、いかなる場合であっても、この時間が30時間を下回ってはならないとされています。

曜日関係なくシフト制で交互に休みを設定している会社もあれば、土日祝日は基本的に休みという会社もあります。

長距離運転手として働く場合、会社によっては長時間拘束されるうえ、1ヵ月のうちほんの数日しか休日がないといった非常に過酷な環境で働く人もいるようです。

改善基準告知では、トラック運転手がつらい環境で仕事をすることのないよう、勤務条件に関して細かく取り決めがなされています。